potiche

c0092710_8214142.jpg
微妙なHさというか、とても「らしい」仏映画でした。原題の"potiche"は「(中国や日本の)大型陶磁器(*壺(つぼ)・花瓶などの置物を指す)と(実質的権限を持たない)名誉職の人、置物、飾り物」・・の意味だそうでカトリーヌ・ドヌーヴが演じる主婦=曰く、実質を持たない「飾り物」がだんだん「実質」を勝ち得ていくというサクセス・ストーリー。

やけにスモーカー多いなと思ってたら中盤くらいで70sの設定だと。・・・一応、(一般的に)女性が虐げられている、という設定なのですが、日本人の目線で観るとあまりそう思えないのは文化の違いなんでしょうね。
[PR]
by hatcho_bori | 2011-01-16 08:45 | 映画 | Comments(0)
<< 新天皇論 ついに決着? >>