Mother and Child

c0092710_711243.jpg
「母と子」じゃもっとわけわかんないし、プロモーション的にはこういう女の子ちっく風(失礼)にするしかなかったんでしょうけど、実際鑑賞すると、親子・養子・人種と重いところをうまく絡めて飽きさせず、あっという間の2時間。ナオミ・ワッツすごくいい。あえて苦言:ラスト、親と「子」がつながるシーン、「あの自然さ」には「普通そうならないだろう・・」と逆に違和カン感じましたが、全体には面白かったな。
[PR]
by hatcho_bori | 2011-01-26 00:13 | 映画 | Comments(0)
<< 3デー 報われて・・しまった ~最後の忠臣蔵 >>