the Cove

c0092710_1832773.jpg
観逃していた「ザ・コーヴ」。ようやくレンタルで。観終わった直後は呆れるようなプロパガンダ映画、と思ったものの。





↑けっこう長時間みれます。で、ドキュメンタリーと言えばの森達也さん。

"何よりも、勤務する大学のゼミで学生たちにこの作品をみせたところ、「日本の文化が一方的にバッシングされている」として、この作品に反発する者が半数以上いた。つまり、この映画をもしイルカ漁阻止を目的としたプロパガンダ映画であると規定するのなら、少なくとも当事国の日本においてその意図は、明らかに失敗していることになる。"

うーん。。なかなか深い話。森さんの記事、全文はこちら。「被写体」の狂信的イルカ保護活動家のリック・オバリー。リックの狂気を(はからずも)描いてしまった作品、と考えれば確かに森さん言うように「傑作」なのかもですが。個人的にはそりゃないだろーと(苦笑)。
[PR]
by hatcho_bori | 2011-02-27 05:43 | 映画 | Comments(0)
<< 久々に。 とんかつ八千代 >>