311...★2.4

モリタツさんの(だけじゃないけど)ドキュメンタリー。ちょっと期待して。円山町の外れにて。
c0092710_1226630.jpg




「映画を撮ろうという意図は最初は無く」「後ろめたさから撮った」等々、後ろ向きな前口上(変な日本語)をネットで事前に読んでたので、まあこんな感じだろうな、という想像と概ね大きなギャップは無し・・・と、言いつつそこは森さんなので、という意味での「ちょっと期待」だったのだけど、まあ「映画」の体は成してるかどうかギリギリの処かな、なんて。。深夜のTVドキュメンタリーなら、とは思うけど金払って観る映画としてはナア、と。出だし30分延々と続く福島の映像もそうだし、瓦礫の山を前にただただ驚嘆の図もそう。映像の中で震災後、TV報道をずっと見続けて鬱になったと話してた森さん。とにかく矢も盾も、という勢いで・・・はわかるんだけど、映画制作の意図は無かったという開き直り(?)前提で評価するなら「完成度は低い」としか言いようが無い。押っ取り刀・いきあたりばったりで行くよりはよく取材対象や内容を吟味・事前調査しなくちゃ良いものは撮れないんじゃないか、という素人的当たり前な感想。。話題になっていた(敢えて話題にした?)ラスト近くのあのシーンは(うがった見方かもしれないが)何か言い訳的な作為・商業映画として公開を(ようやく)意識したみたいな印象が強くて後味も良くない。なんか消化不良。
c0092710_1226844.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2012-03-20 06:06 | 映画 | Comments(0)
<< 大拳銃(★3.1)+へんげ(★... HUGO (ヒューゴの不思議な... >>