RUSH (ラッシュ/プライドと友情)...★2

(レース好きのため、マニアなレビュー)時代考証はしっかりしていてぱっと見リアルなのだが、(本作品に限った話ではなくいわゆる「レース映画」全般に言えることだが)レースしているシーンになると俄然ハリボテ感満点。変にマシンの動きがモッサリしてたり、はたまたアクロバティックな動きをしたりで興醒め。時代もシチュエーションも違う「グラン・プリ」あたりと比べるのは不公平かもだが、今の映像技術をもってしても50年近く前の映画に見劣りしてしまうんだね。更に言うとサーキットに関してはリアル感を出すのは諦めた模様で、草レース場でロケした場面多数。ハントとラウダは各々ハマり役(ハントは若干軽めに見えなくもないが)で、希代のライバルストーリー=ヒューマン・ドラマとして観ればそこそこ楽しめるのかもだが、肝心のレースアクションが不満なのでこの評価。(繰り返すがマニアのレビュー)
c0092710_6222270.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2014-02-02 06:30 | 映画 | Comments(0)
<< Los amantes pas... ある精肉店のはなし...★5 >>