THE SALVATION (悪党に粛清を)...★4

復讐に燃えるマッツ・ミケルセンは、政治家でも官憲でもないので「粛清」はちょっと違うかな?大筋は原題の"THE SALVATION(救済)"の通りでどういう風に「救済」するのかは観てのお楽しみだが、「偽りなき者」で魅せたのとは全く違う荒ぶるミケルセンの「抑えた」怒りの演技に引き込まれる。敵役・脇役もシッカリで最後まで堪能できる。個人的には結末に若干不満が残るものの、見応えありお勧めできる一本。
c0092710_14383793.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2015-07-03 23:38 | 映画 | Comments(0)
<< 愛を積むひと...★4 ラブ&ピース...★2 >>