TATTOO[刺青]あり...★4+

某映画館の「観ずに死ねるか 傑作絶望シネマ」なるリバイバル企画で初鑑賞。三菱銀行人質事件については観る前から知っていたし、この映画も存在は知っていたが何せ古い映画なのでスルーしてきたものの「観ずに死ねない」まで言われたら観たくなる。発生が79年、映画公開が82年。記憶が鮮明だったから、というよりは、事件の内容が内容だけに籠城中の描写は無い代わりに、犯すべくして犯した犯人・梅川(作中では別名)の短い生涯を宇崎竜童が大熱演。大変失礼ながら本作以外の出演作品が思い浮かばず検索して出演作品群を確認しても知らない作品ばかり。。映画の神がこの作品でだけ降りてきたか、と言ったら言い過ぎ?奇矯・狂気な部分もありつつ、凶悪一辺倒ではない真人間な部分も。シーン毎に万華鏡のように変わる宇崎に見とれ、あっという間の107分。良作。
c0092710_00182511.jpg


[PR]
by hatcho_bori | 2015-08-03 23:58 | 映画 | Comments(0)
<< 炎628...★4 WILD TALES (人生ス... >>