FAKE...★5

キネカ大森は初。ここは名画座だと思ってたので知人に森達也の新作やってるよ、と教えてもらわなければ危うく観逃すところだった。

佐村河内の「その後」を追ったドキュメンタリー。報道の暴走。マスコミの暴力。氏=ゴーストライターを使っていたペテン師、のメインシナリオから少しでも外れる事実はマスコミは無視。氏が障害者手帳交付の要件は満たさないものの、医師により「感音性難聴」と診断されていることや、新垣への「指示」内容。・・・ただ、作品の中で海外メディアが指摘していた通り佐村河内のイメージ=指示を新垣が具現化するプロセスの説明を求められると返答に詰まったり、なぜシンセを捨ててしまったかと問われて部屋が狭かったからと答えたりとかモヤモヤ感は残る。このシーンで観客はまた思う。「やっぱりこれはFAKEなんじゃないか」と。『衝撃のラスト12分』の後には更なる衝撃が待っている。

「A」「A2」とは内容も背景も全く異なるけれどこの森の被写体との距離感・製作スタイルがやっぱり好きだ。
c0092710_14273260.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2016-07-10 15:06 | 映画 | Comments(0)
<< BROOKLYN (ブルックリ... プレミアム電卓 CASIO S... >>