Race (栄光のランナー/1936ベルリン)...★3

race=人種にもかけているのかな。ベルリンオリンピックの米国黒人ゴールドメダリストの話、と来ればどう考えてもこういう流れの作品になるしかないと言う予想の範囲からは一歩も出ない爽やか陸上映画。『意志の勝利』『オリンピア』の監督リーフェンシュタールまでが反ナチみたいになっちゃってるんだが...。選手とコーチの掛け合いが面白い。
c0092710_13085272.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2016-08-14 13:08 | 映画 | Comments(0)
<< Truth (ニュースの真相)... 『しあわせのパン』のロケ地にて >>