淵に立つ...★3

感想↓
c0092710_13541690.jpg




深田晃司監督、古舘寛治準主演で「歓待」以来の組み合わせで期待大で鑑賞。「歓待」と異なり古舘はインベーダー役ではなく防御サイド。浅野忠信が心理戦でグイグイ攻めてくるかと思いきや意外と静かに立ち上がる。少しずつの追い詰められる感覚はあるものの、攻めきれずそこで終わり?な思いも。締め方も含めて「歓待」には及ばず。
[PR]
by hatcho_bori | 2016-10-09 13:54 | 映画 | Comments(0)
<< SCOOP!...★4 お父さんと伊藤さん...★3 >>