うさぎ追いし -山極勝三郎物語- ...★2

スバル興業優待で月例巡回。感想↓
c0092710_14462200.jpg




12/9に510円の年初来高値で金曜は486円。まあこの位は普通いくでしょう。単元しか持ってないけど。以下株式新聞ニュース。

<特集>存在感増すバリュー株(2)=スバル興―道路補修や映画事業に注目 <9632.T>
2016/12/16 18:50

 スバル興業<9632.T>は道路の補修工事などが主力。12月に17年1月期の期末配当予想を上方修正して上放れしたが、PER10倍割れ、PBR1倍割れと依然割安感が鮮明で、期末配当9.25円(年間13円)から算出した予想配当利回りは2%近い。価格帯別売買高では500円近辺に商いが集中しているが、ここを抜けられれば上値追いの展開もあり得る。

 道路事業は新規工事の受注獲得と既存工事の増加で好調。原価管理の徹底で利益率も改善している。首都圏のインフラは老朽化が問題になっており、息の長いテーマだ。また、同社は東宝系で映画配給や劇場売店商品の仕入れなどレジャー事業も手掛けている。今年の東宝はヒット作に恵まれており、同社のスバル座でも11月から「シン・ゴジラ」などを上映していた。第4四半期への業績貢献が期待される。

 第3四半期の売上高は前年同期比3.6%増の153億8400万円、営業利益は同21.8%増の18億9800万円と増収増益を達成。通期では売上高202億円(前期比0.4%減)、営業利益21億3000万円(同14.6%増)を計画している。

映画の方は、相変わらずの文芸路線。動物実験で人工的に癌細胞を生成し、新しい治療方法の可能性を提示。日本人初のノーベル賞一歩手前まで行った先生のお話。偉業だとは思うがさすがに映画映えはしない地味なテーマ。

記事にもある通り「シン・ゴジラ」も上映したんだから時節柄「君の名は。」とか持って来れば良いのにね。来月あたりかな?
c0092710_14501533.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2016-12-18 14:46 | 映画 | Comments(0)
<< 風に濡れた女...★2 Rogue One : A S... >>