シネマ歌舞伎 歌舞伎NEXT 阿弖流為〈アテルイ〉...★5

月一シネマ歌舞伎を松竹株主優待で。成毛眞さんじゃないが、もっと早く知っていれば。3時間の上映時間終了後、席から動けなくなった。傑作。感動↓
c0092710_20302087.jpg




今月の弥次喜多から観ることにした月一シネマ歌舞伎。2本目の本作『阿弖流為』は昨年6月公開だが今月月一歌舞伎で復活してくれた松竹に深く感謝したい。物語は蝦夷を率いる部族長阿弖流為(アテルイ=染五郎)と朝廷から蝦夷討伐を命じられる征夷大将軍・坂上田村麻呂=勘九郎、阿弖流為が愛した鈴鹿(立烏帽子と二役)=七之助をメインに進む。虐げられる蝦夷vs官軍の勘九郎かと思いきやストーリーのヒネりはそれなりにある。...が、阿弖流為・田村麻呂の余りの格好よさ、見得の切れ・拍子木のリズムにあっという間に埋没、インターミッション(全体では180分の長尺だが中休み有り)までの90分で既に脳が痺れた状態。後半は二役・七之助の演技による涙腺攻め。佇まいの美しさ。歌舞伎において女形こそridiculousと思っていた自分を恥じ入る。歌舞伎の現代的解釈がこうまでハマるとは。終盤、豹変して火花を散らす七之助の殺陣、満を持しての?勘九郎の見得に酔う。素晴らしき『顔芸』。映画ももう一度観たいが舞台で再演されることがあるなら是非行きたい。傑作。
[PR]
by hatcho_bori | 2017-07-16 20:30 | 歌舞伎 | Comments(0)
<< FAI BEI SOGNI/S... 彼女の人生は間違いじゃない...★3 >>