THE FOUNDER (ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ)...★4

「成功はゴミ箱の中に レイ・クロック自伝」は読みたいと思うもkindleになってなくて買ってなかった。紙の本を読むのが面倒になって久しいkindle副作用。で、映画化されたのを知り映画の日にお初のシアター、角川シネマ有楽町@ビックカメラの上。居心地の良い映画館。映画も面白く上記の本を改めて検索したらkindle化されてたので早速DL。で、映画の感想↓
c0092710_22090058.jpg





マクド兄弟が編み出した「革命的」調理システムに惚れ込んだレイ・クロック=マイケル・キートンがフランチャイズ化に向けて驀進。冒頭、シェイク製造マシーンの訪問販売やってた頃から超エネルギッシュ。渋るマクド兄弟を口説く・なだめる・怒鳴る・脅しあげる迫力・変幻自在はキートンのハマリ役で話に直ぐ引き込まれる。濃密すぎてさすがに2時間では尺が足らずマクド兄弟とのやり取りとか明らかに描き切れていないディティールが不明な欲求不満もちょっぴり残る=早く自伝読みたくなる、と言うことで映画公開で本が売れるパターンと見た。とは言え、映画もこのレベルの出来でミニシアターだけだと勿体無いような気も。。
[PR]
by hatcho_bori | 2017-08-01 22:08 | 映画 | Comments(0)
<< TONI ERDMANN (あ... THE MUMMY (ザ・マミ... >>