TONI ERDMANN (ありがとう、トニ・エルドマン)...★4

夏休み入り。初日はまだ東京で、映画Wヘッダー+諸用済ます。まずは時間が合わなくてなかなか観に行けなかったトニ・エルドマンを武蔵野館で。感想↓
c0092710_20183214.jpg





挙動不審・ストーカー親父が、大事なクライアントMTGがあるのに娘の職場に予告無しで押しかけ。帰ったはずがまだ居る。娘が心配で仕方ないのは分かるのだが表現方法が変で観ている方はオカシイが実際にやられたら発狂しそう。個人的にはエキセントリック親父よりも娘にMVPをあげたいと思って観ていたがその娘のラストの演技が秀逸。(入れ歯の出し入れが可笑しくて仕方なかったがこう言うオチね笑)
[PR]
by hatcho_bori | 2017-08-03 20:18 | 映画 | Comments(0)
<< (2回目鑑賞) シネマ歌舞伎 ... THE FOUNDER (ファ... >>