NEWシネマ歌舞伎 四谷怪談...★3

楽しみにしてた新作シネマ歌舞伎を東劇で。パンフレットって記憶の限り買ったこと無いのだけどストーリー把握の為、筋書を買うつもりで買ってみたが薄っぺらくて粗筋の記載は無しでこれってアリ?忠臣蔵が下敷きになっている下りとか初心者には分かり難いシーンもあるので有名な話とは言え多少はストーリーに触れても良いような気も。映画の感想↓
c0092710_15143438.jpg




コクーン歌舞伎、と言うことで客席と舞台が近い。観に行ったら迫力はさぞや、と言う処だが、シネマ歌舞伎としては演出(編集)がやや過剰な印象。「敢えてシーンの前後を入れ替えたりとか」までして拘ったらしいが伊右衛門の心理描写のシーンとかちょっとやり過ぎで却って軽い・安っぽい印象も。あと「NEW」だし歌舞伎じゃない役者も出ているので仕方無しとは言え肝心の歌舞伎感が薄味なのが残念。獅童・扇雀・勘九郎揃い踏みのシーンはカッコ良いけどね。・・・と、言うことでまた観に行きたいかと問われればちょっと微妙だが、七之助=お袖と勘九郎の掛け合い目当てにもう一度だけ行っとくか?(松竹優待はこのタイトルの為に余しておいた)
[PR]
by hatcho_bori | 2017-10-07 15:22 | 歌舞伎 | Comments(0)
<< エルネスト...★2 TSCHICK (50年後のボ... >>