カテゴリ:歌舞伎( 38 )

予習&急落

いよいよ高麗屋三代襲名披露。もう随分前に筋書は買っていたがようやく読了...。襲名と言うことで筋書も豪華版・価格も¥1,800。これからも堆積する筋書、他の蔵書は全てkindle化しているからこっちもある程度溜まったら電子化かなあ...。ところで歌舞伎と言えばのあの銘柄が急落中↓
c0092710_21481486.jpg


More
[PR]
by hatcho_bori | 2018-01-18 22:06 | 歌舞伎 | Comments(0)

シネマ歌舞伎 京鹿子娘五人道成寺/二人椀久(きょうかのこむすめごにんどうじょうじ/ににんわんきゅう)

今年はまだ映画3本目。歌舞伎が忙しすぎてちっとも映画が観られない。しかも本日はシネマ歌舞伎の新作...。感想↓
c0092710_21494267.jpg


More
[PR]
by hatcho_bori | 2018-01-15 21:51 | 歌舞伎 | Comments(0)

新春浅草歌舞伎 第1部

連日の浅草、昨日に続き第1部。ド定番演目:義経千本桜と元禄忠臣蔵。感想等↓
c0092710_15235844.jpg


More
[PR]
by hatcho_bori | 2018-01-14 15:26 | 歌舞伎 | Comments(0)

新春浅草歌舞伎 第2部

本日の歌舞伎は浅草。花形歌舞伎と言うことで若手中心で毎年1月に開催。私は2部から入ってみた。15時開演、18時過ぎには終演。感想↓
c0092710_21195252.jpg


More
[PR]
by hatcho_bori | 2018-01-13 21:50 | 歌舞伎 | Comments(0)

二月大歌舞伎 チケット予約備忘メモ

二日遅れだが備忘メモ。毎月十日は決戦の日?いつものごとく十時スタンバイ。先月十日予約時は一瞬アクセス出来ず焦ったが今回はスムーズに入れたものの...前回同様ゴールド・特別会員予約段階で良い日程・良いポジションは埋まっている状況で昼の部はともかく襲名口上がある夜の部の方は辛うじてスベりこむ。夜の部:仮名手本忠臣蔵は偶数日に菊之助&海老蔵、奇数日に玉三郎&仁左衛門のテレコ起用でマニア的には両方行きたかったのだが片方のみしか確保出来ず。本日一般販売開始で夜の部はほぼ全日埋まっているが「押さえ分」の戻りがあると思われるので毎日チェックは欠かせない。一方、昼の部だが歌舞伎十八番『暫』を初めて見物出来る。「出」が肝心なので花道全体をようく見渡せる場所を確保。楽しみ。
c0092710_21195317.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2018-01-12 21:20 | 歌舞伎 | Comments(0)

初春歌舞伎公演(Bプロ)で連日演舞場

昨日に続き演舞場。本日はBプロ=夜の部で。感想など↓
c0092710_22110806.jpg


More
[PR]
by hatcho_bori | 2018-01-07 22:33 | 歌舞伎 | Comments(0)

初春歌舞伎公演(Aプロ)で今年初歌舞伎

新橋演舞場は昨年の初訪問に続き二度目。今年初歌舞伎&初生で海老蔵丈・獅童丈なので楽しみにしていた。感想など↓
c0092710_16183590.jpg


More
[PR]
by hatcho_bori | 2018-01-06 16:19 | 歌舞伎 | Comments(0)

シネマ歌舞伎 一谷嫩軍記 熊谷陣屋

今年1本目はシネマ歌舞伎。生歌舞伎を月2本は最低でも観たいので映画の本数は昨年よりは少し減る予定。感想↓
c0092710_16310205.jpg


More
[PR]
by hatcho_bori | 2018-01-05 16:43 | 歌舞伎 | Comments(0)

今年の〆歌舞伎〜十二月大歌舞伎 第三部

初シネマ歌舞伎が今年七月。初生歌舞伎が八月で本日十回目の観劇。株投資も七月以降で買ったのは松竹・歌舞伎座くらいで文字通りハマった一年だった。来年も攻めていくけど取り敢えず今年はこれで〆。感想など↓
c0092710_22141367.jpg


More
[PR]
by hatcho_bori | 2017-12-23 22:41 | 歌舞伎 | Comments(0)

十二月大歌舞伎 第二部

今月の歌舞伎座は三部制。昨日は先週に続き第二部を。三時開演と言うやや中途半端な時間スタートだった為、歌舞伎座隣の富士そばで天ぷらそば一杯を平らげたのが運の尽きで最中に若干眠くなったが全般には満足。感想↓
c0092710_14275594.jpg


More
[PR]
by hatcho_bori | 2017-12-17 14:21 | 歌舞伎 | Comments(0)