カテゴリ:映画( 767 )

キック・アス

c0092710_1713728.jpg
スパイダーマン、バットマン。。アメコミベースの実写映画を観て面白いと思った記憶は皆無なのですが。。

続きはこちら
[PR]
by hatcho_bori | 2010-12-25 06:02 | 映画 | Comments(0)

トロン・レガシー

c0092710_1564966.jpg
オリジナル・TRONを劇場で観た世代か否かで期待度が違いそう。オリジナルはググったところ’82年(!)のリリース。。当時「凄いものを観た」と鮮烈に記憶してます。。で、その期待の「リメイク」は、と言うと。。

続きはこちら
[PR]
by hatcho_bori | 2010-12-20 07:15 | 映画 | Comments(0)

ハードキャンディ

c0092710_7155243.jpg
今更ですが観ました。まあタイトルもタイトルですが(汗)、生理的に駄目だなあの「罰」は。あそこまでヤラれるようなことしてないじゃんと思ってしまうのはオトコ目線だからかな?
[PR]
by hatcho_bori | 2010-12-15 19:34 | 映画 | Comments(2)

白いリボン



各所の映画評を読んでこれは行かねば!と勇んでシアターに赴いたはいいが、やっぱり?よくわかんなくって相当微妙でした。。。ただ「悪意・暴力があふれている」というコピーは言いえて妙だなと思います。音楽も無く・モノクロで色も無く、恬淡・淡々としたモノローグで次への「期待」を煽りに煽ったあげく、最後にドーンと。。。。アレ(苦笑)。既存の枠・型にハメこまれていない・商業的サクセスを念頭においてない?然としてるので何か新しいものを観た気にはなるかと。2時間半近くの尺の割には(「期待」を引張られるので)退屈もしないものの、、、、DVDで二回目観ようとは思いません(汗)
[PR]
by hatcho_bori | 2010-12-10 07:56 | 映画 | Comments(0)

けっこう怖えぇ。。

c0092710_13302545.jpg

DVD届いてたので観ました。。。「エスター」。予備知識無く観るとけっこう怖いかもしれません。詳しくは書きませんが、サイコ系ではなく、、チャイルドプレイ系、、と書けばわかっちゃいますね。
[PR]
by hatcho_bori | 2010-11-28 13:21 | 映画 | Comments(2)

ナイト&デイ



うとうと眠くなると「ダダダダダッ」「ガッシャーン」「キキーッ」で目が覚めるのですが、(どのタイトル観てもみな同じに見えるとは言え)MIシリイズに比べるとアクション弱いな・・・と。ま、このトレイラー↑観てその程度は予想しないとですね。
[PR]
by hatcho_bori | 2010-11-23 16:32 | 映画 | Comments(0)

「再び、恋に落ちる。」

c0092710_1828679.jpg
またゆるゆると/ひっそりと再開してみようかな、と。

久々Blogでも書いてみるかな~と思ったのは案の定(?)というべきか"アイルトン・セナ 音速の彼方へ"を観てしまったから。。

正直、「まだセナ?」とも思ったし、「秘蔵映像と言ったってほとんどYouTubeで観れるのばっかでしょう。。」と、まあDVDになったら買ってみてもいいか、程度の認識だったんですが。これはシアターで観なければ!と節操無く思いなおしたのは名古屋で観たジョナサン・ノーブルのレビューを読んで。。ちょっと長いけど引用します。興味ある方は"More"をクリック。

そして・・・やはり観て良かった。最初の'84年モナコから画面に釘付け。勿論、既視感ある画像もそれなりに多いのですが、編集・現場音響・音楽が素晴らしくつんのめるほど引き込まれました。BBCのマレイ・ウォーカー/ジェイムス・ハント、ブラジルのTVグロボとかYouTubeではおなじみのコメンタリも臨場感を盛り上げます。

フジTVの映像とか(先行公開されただけあり)そこかしこに日本を意識したパートもあり。ゴテゴテの空力パーツが無い往時のマシンの美しさにウットリとし、バレストルやJ.スチュアートに色を成して噛みつくアイルトンに微笑し・'91年ブラジルの表彰台で国旗を掲げるアイルトンに涙しているとあっという間に1時間40分の上映時間は終わります。

そう言えば'92年モナコ、'93年ドニントンの辺りの映像は(当然ながら)ほとんど無かったな・・・などと思いつつ、もう一度観たくなり今日も観てきました。。。

ジョナサンの言、マルパクですが「再び、恋に落ちる」。これ以外のフレーズが思い浮かびません。。勝利すること・タイトル獲得に傾ける、観る者を圧倒する情熱。

"Whatever it takes." スチュアートやプロストの言に理性・論理では頷きながらセナの生き方を観てF1を好きになってしまったワタシの脳味噌の「基準」は多分これからも一生変わらないだろう。。。という「わかってること」を確認した?だけに過ぎないかもしれないのですが(汗)、自分のパッション/ツボがどこにあるのかよーくわかりました。

".. and had Senna been here today he would have loved what he was seeing."..今年のチャンピオンシップも後2戦、この言の通り盛り上がっています。。さてどうなるか。。

More
[PR]
by hatcho_bori | 2010-11-07 14:12 | 映画 | Comments(0)