カテゴリ:映画( 786 )

COLD FISH ~ 冷たい熱帯魚

c0092710_14503082.jpg
週刊文春のおすぎコメントがけっこう笑えました。血なまぐさいのが駄目なひとは絶対無理だと思いますが、怖いもの見たさでも「でんでん」氏の怪演は一見の価値ありかも。・・・そのクレイジーさが触媒になり、ごくフツーの方がアッチの世界へ・・と言うマアありがちと言えばありがちなプロットなれど、何と言うか独特の雰囲気あります。(おすぎじゃないですが)ひとにススめたいわけでなし、こういうのが好き、と公言するのも憚られるのですが、、まあ嫌いじゃないということに。


[PR]
by hatcho_bori | 2011-02-04 06:55 | 映画 | Comments(0)

RED

c0092710_643539.jpg
「四天王」という設定なのでしょうけどツルピカのおじさんの存在感・元気がありすぎて他のメンバーは若干霞みがち??・・・まあ「料金分の価値はある」というところ。
[PR]
by hatcho_bori | 2011-02-02 06:46 | 映画 | Comments(0)

がんつ

c0092710_029839.jpg
レイトで観てきました。最初の半分はけっこう面白い。。。原作マンガ読んでみたくなりました。ただ最後は「タイタンの戦い」入っちゃって(・・・という連想するのオジだけだろうか)個人的にシリつぼんでしまうんですが、キャラ(の選択)次第ではもっと面白くなったかも。続編もあるそうです。
[PR]
by hatcho_bori | 2011-02-01 22:20 | 映画 | Comments(0)

ケンケンガクガク??

c0092710_22185412.jpg
ソロバン侍のお話。倹約した末に、というか「目的」がもう少しわかりやすければ共感できるんですが。。かなりタンパクに感じました。

鑑賞後、TV関係代替機を、、、結局某量販店で買うことに。まあお互いに大した知識もないくせにヘンな部分(色・形状)に拘るから時間ばかしかかってなかなか決まらないのですが親切な店員さんのおかげでようやく決められました。感謝。

ブルーレイにするといま持ってるDVDソフトも更新したくなりますね。。新しいやつはいいんですが、70sや80sのお気に入りの映画は特に。買ったところで家で観る時間無いですが手許においときたいやつっていくつかありますよね。

続きはこちら
[PR]
by hatcho_bori | 2011-01-30 07:44 | 映画 | Comments(0)

3デー

c0092710_0293930.jpg
去年の暮れあたりから調子悪かった我が家のTV+DVD、いよいよ完全なるご臨終を迎えつつあり、後継機を物色中なのですが新製品の主流はもはや3D。知ってはいましたが、しかし自宅で3D見たい需要って果たして?・・シアターの3Dも正直要らんと思うくらいなので。。脳の機能が退化するんじゃないか。

さっきナイトシフトで観てきました「グリホ」↑も3D。これもわざわざ3Dにするようなもんじゃ。。。なんですがいろいろ事情あるんでしょう。パロディやりたいのかオリジナリティなのかよくわかんない感じ。悪を制するヒーローもの、という意味ではこちらとはえらい違う。ただ、あのひとには由美かおるになるまで頑張って欲しいと思う。
[PR]
by hatcho_bori | 2011-01-27 00:42 | 映画 | Comments(0)

Mother and Child

c0092710_711243.jpg
「母と子」じゃもっとわけわかんないし、プロモーション的にはこういう女の子ちっく風(失礼)にするしかなかったんでしょうけど、実際鑑賞すると、親子・養子・人種と重いところをうまく絡めて飽きさせず、あっという間の2時間。ナオミ・ワッツすごくいい。あえて苦言:ラスト、親と「子」がつながるシーン、「あの自然さ」には「普通そうならないだろう・・」と逆に違和カン感じましたが、全体には面白かったな。
[PR]
by hatcho_bori | 2011-01-26 00:13 | 映画 | Comments(0)

報われて・・しまった ~最後の忠臣蔵

c0092710_13281820.jpg
大団円の輿入れ、馳せ参じた佐藤浩市に言う「報われたよ」は、そもそも報われるためにしてきたことではないのに報われて・・・「しまった」複雑な心境の吐露、と言いますか。武士道の機微。・・・まあ普通に泣きましたけどね。。何にせよこういうのには弱いわたくしです。
[PR]
by hatcho_bori | 2011-01-25 06:00 | 映画 | Comments(0)

辻褄がっ・・~LAW ABIDING CITIZEN

c0092710_701542.jpg
そんな力あるんだったらバット1本の暴漢に簡単にノされるか?・・と途中思いましたが辻褄の合わなさは徐々に悪化。。そもそも「司法制度への復讐」になってないだろうとか考えず、気楽にみたほうがいいかもです。
[PR]
by hatcho_bori | 2011-01-23 07:10 | 映画 | Comments(0)

レイトショー

c0092710_6505798.jpg
EVANCEさんに出たこの時計。日本のGMではあまり見ないような?..."too much gimmicky"な感じ?もあり2週間くらいで飽きる可能性もありますが?楽しそうな時計。

最近、仕事後予定無いとレイトショーのパターンで、よく行くシアターで観れるやつは全部観ちゃったので昨日はこちらを↑。これで涙を、というのはちと苦しいか??
[PR]
by hatcho_bori | 2011-01-21 08:25 | 映画 | Comments(0)

ソーシャル・ネットワーク

c0092710_16264623.jpg
予備知識なし・・・と言いますか、facebookは知っててもアクセスすらしたことない状態で鑑賞。。

・・・と、言うわけでこの映画のザッカーバーグ像が本人に近い、という前提のもとに感想書かせていただくと、①起業家というより純プログラマーみたいな。。。②最初はエキセントリック・ザッカーバーグ中心でテンポもよいが(冒頭の嫌われちゃうデート・女子比較サイト開設のとこまで見物。。あの早口演技がザッカーなんでしょうか)後半はどろどろ裁判中心でザッカーウェイト減少。。。③ザッカー半生記というよりもフェイスブックのライツ闘争記ってとこでいろいろ知ってる方が観たらどうなんでしょう?

そんなザッカーも実は・・という微妙なオチもあるのですが、サイトの源流にハーバード学内のいけてるいけてないグループ間の力学が働いていたあたりの人間模様がいちばん面白かったかな。フェイスブック使ってなくても楽しめると思います。
[PR]
by hatcho_bori | 2011-01-19 01:04 | 映画 | Comments(0)