カテゴリ:読書( 86 )

iPad Pro × Kindle Unlimited

Kindle Unlimited= 定額読み放題サービスが始まって2か月。kindleヘビーユーザーでありながら読み放題対象本ラインナップに読みたい本が殆ど無く加入にはためらいがあったものの無料お試しで使ってみたところ雑誌の方はかなり充実していて驚いた。

『週刊ポスト』『週刊大衆』(ちなみに文春は対象外)のようなおっさん系は勿論、『GQ』『日本版ニューズウィーク』なんかも対象。更には『F1速報』は過去の紙時代総集編まで全て電子化・読み放題対象で嬉しい限り。

最近、一部高額本?が事前通告無しで読み放題対象から外れて出版サイドとアマゾンが揉めたみたいな話があったが個人的には今の雑誌ラインナップだけでも月額¥980は十分リーズナブル。

iPadは去年の発売時にProに代えているので雑誌読みは極めて快適。iPad Pro × Kindle Unlimitedはオススメの組み合わせ。
[PR]
by hatcho_bori | 2016-10-29 10:44 | 読書 | Comments(0)

西村賢太最新作『蠕動で渉れ、汚泥の川を』

待ちに待った西村賢太の新作長編。本は全てkindleで読んでいるが、西村先生の本は別。期待通りの面白さで大満足。このタイトルのセンスも好き。ついでにkindle化されてない旧作も。週末は賢太三昧で。
c0092710_07275566.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2016-07-08 07:27 | 読書 | Comments(0)

絶叫...★5

絶叫、読了。著者はこれまで全くノーマークだったんだけど、amazonの"kindle25"でたまたま目についてレビューも良さげだったのでDL。出張の移動中に読みはじめて一日で読み上げてしまった。

ごく普通の人がふとしたことから転落、とある意味王道をいく展開だが、主人公に絡む男たちの最低ぶりが徹底・伏線も見事で主人公・陽子に途中から完全に感情移入。先を知りたい手が止まらないページ・ターナー。
c0092710_2247522.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2014-12-09 22:58 | 読書 | Comments(0)

あしたのジョー...★5

あしたのジョー kindle版をバカンス中に読もうと思い、20冊DLしといたのだけれどちょっと読み出したら止まらずに休み前に終わってしまった。文庫版(12分冊)には入ってなかったエピソードも入ってるような気がしたが単に記憶違いかも。コミックは最近専らPaperwhiteにて。マンガじゃないが最近読んだこの本は邦題がうまい。
c0092710_16254749.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2014-08-10 16:41 | 読書 | Comments(0)

All You Need Is Kill...★1

All You Need Is Kill、1・2巻読了。安易なランキング買い&映画の予習のつもりで。・・・しっかしつまらん。なぜ売れるのか謎。デジャヴな展開。しょうもない敵。この絵柄も・・・。映画ならまだ観れるか?
c0092710_640089.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2014-07-12 06:43 | 読書 | Comments(0)

ボーイズ・オン・ザ・ラン(1)〜(10)...★4

ボーイズ・オン・ザ・ラン、10巻一気。アイアムアヒーロー(同じ作者)の流れで最初の何巻かDLしたら止まらなくなった。お話としてはこっちのほうが良く出来ている。かつての・ありがちなラブコメものと思って読み始めると良い意味で裏切られるかも。私小説的にリアルな感じがそこはかとなく。
c0092710_13152235.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2014-06-22 13:20 | 読書 | Comments(0)

アイアムアヒーロー(13)...★4

とりあえず、出ている13巻まで読んだ。流石にオープニングのテンションを維持し続けるのは難しくアップダウンはあるものの、「次」を読みたくなる緊張感はキープ。既視感はあるプロットだけど作者なりの味付けと何より登場人物(主人公)の魅力・普通感覚で荒唐無稽な話が何ともリアルに感じられるところは秀逸。
ところでいままでkindleコミックは読み易さ重視でiPadで読んでいたけど、この作品はPaperwhiteで読んでみた。1ページの4分割拡大表示機能が新たに追加されたからだが、これが意外と使えてさほどストレス無く読み進められる。もちろん最近のコミックの例にもれず本作品も1P2Pぶち抜きの絵が沢山あり、都度切り替えは必要になるが次第に慣れる。チップが旧型より速くなってるのもあると思うけど。ま・何と言ってもKPWのスクリーンだと10巻ぶっ通しで読んでも眼が疲れないのがよいし全巻携帯できるのもよい。これでまたコミック買うペースが加速する予感。
c0092710_5132652.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2014-06-16 05:28 | 読書 | Comments(0)

アイアムアヒーロー(1)...★5

アイアムアヒーロー(1) (ビッグコミックス)、初読。何これ。。。超はまった。こんな日本マンガがあったとは。1巻ラストあたりからはじまるジェットコースターに酔った。
c0092710_1794611.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2014-06-14 17:11 | 読書 | Comments(0)

闇金ウシジマくん(30)...★3

闇金ウシジマくん(30)、先週から配信開始。(29)でも感じたけど「脱線批判」を承けてか従前の路線に戻って来た。。。と、言うか(29)がキャバ、(30)がマルチ商法だから既視感ありありではあるのだけどこの辺りのネタで回して行くのがこの漫画は無難??
c0092710_11494974.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2014-06-08 11:59 | 読書 | Comments(0)

大地の子...★5

大地の子、読了。kindle版、4分冊。電子版なのに分冊?はどうでもいいのだが80年代後半の連載小説。単行本初出は91年なので今更ではあるが、同じ著者の「不毛地帯」もそうなのだけど、kindleが無ければ手にしてない種類の本=昔の長編小説。分冊だけど全部持ち歩けるし。あり得ない程に数奇な運命の物語だが、圧巻の取材資料を基にしたリアリティー故に読み進める程に読者の中で現実味を帯びてくるのが山崎小説の真骨頂。日本国籍が呪縛、という受け入れがたい宿命を受け入れ、堪え難きを堪えた先に待っているもの。あとがきで著者が述べる通り「生涯で二度と書けない作品」であり、正しく巻を措く能わずの即完読。堪能。
c0092710_13523072.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2014-06-01 14:12 | 読書 | Comments(0)