<   2012年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

IN DARKNESS (ソハの地下水道)...★4.0

「英雄が出てこないシンドラーのリスト」のコピーで全て内容わかってしまうのだけど、そこはどうして、魅せる人間ドラマ。尺の半分?が下水の中、という設定でありながら「シンドラー役」のソハが徐々に変わって行く様・演技がごく自然で目が離せない。ずっと息苦しいだけにラストは一際の解放感、リアルな救いを感じた。
c0092710_8405932.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2012-09-30 17:10 | 映画 | Comments(0)

iPhone5

家電量販店で並んだけど「10月には入りますかね」くらいだったので意外と早いんだ、な印象。サプライズはロジスティクスのほうなのか。4Sは16GBだったけど流石に今回は64GBで。ウェブの黒がカッコいいなと思ったけどやっぱり白。ケース選びが楽しみ。
c0092710_21454031.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2012-09-19 21:52 | Comments(0)

SAFE HOUSE (デンジャラス・ラン)...★2.3

CIA内部(?)抗争。コピーの通り、デンゼル・ワシントンは非情・完璧・ゴルゴ(ちょっと違うか)的エージェントという設定で、一緒に逃げるペーペーエージェントとのコントラストが肝、と思うのだけどデンゼルのキャラクターが観てるほうがスルーしちゃうほど怖さ・迫力無くパンチに欠ける。原題の"SAFE HOUSE"は、国家の安全を脅かす「重要参考人」=「極悪人」を尋問する秘密の場所をこう呼ぶらしいのだけど、そのSAFE HOUSEを脅かす悪人たちもなんか薄い人々だし。。というわけで後半はダレダレ。
c0092710_2249291.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2012-09-11 23:02 | 映画 | Comments(0)

UNTOUCHABLE (最強のふたり)...★5.0

四肢麻痺の大富豪の世話役に偶然採用されたスラム街青年。冒頭、マゼラーティ・カーチェイス。一気に引き込む「入り方」がまず良かった。ふたりの掛け合い、ナイスアシストの脇役、軽妙な展開。「介護」青年のキャラ・存在感が際立つ一方で富豪紳士の表情だけの演技も素晴らしい。笑い・涙が凝縮した120分。ラストはこうつながる訳ね。上手い。やられました。
c0092710_2394236.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2012-09-04 06:50 | 映画 | Comments(0)

映画「闇金ウシジマくん」...★4.2

よく出来てて驚いた...というのも失礼か?私は好き。キャストはTVドラマとほぼ同じだけど目に馴染んだせいか?より自然な感じになった(特にウシジマ)。...まあ後はお約束の大島優子さん。原作のメシ豚@出会いカフェをアレンジした役で普通に「汚れ役」なんだけどどう考えても絶対に「完全ヨゴレ」は無い、とわかってしまってるだけにファンとしては敢えてこの人をとは思うが深夜枠のTVじゃないから仕方無い。その他チャラ男ジュン、肉マムシあたりはイメージぴったりで原作が好きな人が観ても楽しめると思う。続編あってもいいかな。。今度はアイドル抜きでもっとディープにして。
c0092710_7373150.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2012-09-02 07:50 | 映画 | Comments(0)

PROMETHEUS (プロメテウス)...★3.5

始まって30分で「人類の起源」はどこ行っちゃったのか?最初から「エイリアン映画」と思って観てればなんてことないのだけど。洞窟の深淵は3D的になかなか深くてよい一方でエイリアンはやっぱりこれなのか、とか。まさかコレじゃないよね...な感じ。とは言え退屈はしないかと。
c0092710_725506.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2012-09-02 07:35 | 映画 | Comments(0)