<   2012年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

TROUBLE WITH THE CURVE (人生の特等席)...★4.1

年老いて頑固だが腕利きのMLBスカウトマンが目にトラブルを抱えた窮地を、これまで良い関係を築けなかった娘・弁護士が救う。「グラン・トリノ」とは打って変わって展開は陳腐と言うか、ご都合主義もいいとこのオイオイな組み立てだがやはりこの人の存在感。と言うかイーストウッドでなかったらつまらん脚本。
c0092710_152641.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2012-11-25 08:10 | 映画 | Comments(0)

DREAM HOUSE (ドリームハウス)...★2.6

ダニエル・クレイグが会社を辞めて山奥の古びた家に引っ込む、冒頭の伏線の張り方で出す違和感、期待感はちょっと上手いな、と思ったけど肝心の落とし方が・・・。ホーンテッドと思わせて実は、と。意外と早い種明かしの後が×。
c0092710_855093.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2012-11-24 08:12 | 映画 | Comments(0)

HOUSE AT THE END OF THE STREET (ボディ・ハント)...★1.1

また滅茶苦茶な邦題...と思ったが最後迄観るとああなるほど、そういうことね、とは思った。その邦題の意味するところ、と言うか「小さな意外性」が種明かされると後はちっとも怖くない。予告編やプロモーション画像はそれなりにおどろおどろしく一定の興味は誘うのはいつものパターンだが本作は特にギャップが大きかった。
c0092710_12362563.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2012-11-18 12:47 | 映画 | Comments(0)

悪の教典...★3.9

(ディティールは忘れてたが)原作読んでて、、、うまくマトメたな、という印象。これで完全犯罪って硝煙反応とかどうするんだ?な綻びは原作では感じたが、殺人のビジュアライズがうまくて細かいことはあまり気にならないし、キャストであまりハマりそうにないと思ってた伊藤英明の狂気の「目」演技もなかなか。小説では感じなかった大藪春彦な匂いを映画ではなぜか感じたんだけど...
c0092710_2245102.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2012-11-14 08:09 | 映画 | Comments(0)

ツナグ...★1.9

死者と人生でただ一度だけ再会させることができる能力を持つ人、「ツナグ」。母子、親友、恋人と一通り。最初から最後まで泣かせる工夫・努力があまりにも見えすぎて逆にドン引く。

ツナグ(本編1枚+特典ディスクDVD1枚)

c0092710_12511838.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2012-11-12 07:50 | 映画 | Comments(0)

W.E. (ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋)...★3.5

マドンナがこんな映画を撮るんだ、という新鮮な驚き、、と言うか予備知識無くふらっと行ったのでエンドロールで初めて知った次第。キングエドワードの「世紀の恋」も朧げに知っている程度でもまずまず楽しめる。王の視点でなく王と恋に落ちた女性ウォリスの視点から描いた世紀の恋。実は現代劇だったりする。
c0092710_792365.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2012-11-11 07:16 | 映画 | Comments(0)

EMERGO (アパートメント:143)...★1.8

これも超常現象モノ。古くはエクソシスト、ポルターガイスト、最近では「パラノーマル」、あげくジャパン・ホラーまでを想起させる、と言おうか、どっかで観たことありそうな絵・音。最後のシーンとか一昨日観たやつと余りに似てて笑った。

闇金ウシジマくん(21): 21 (ビッグコミックス)

c0092710_22455297.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2012-11-09 22:52 | 映画 | Comments(0)

PARANORMAL ACTIVITY 4 (パラノーマル・アクティビティ4)...★2.0

この時期恒例の。・・・あまり話とは関係無いが、「何かが起こる」ときの「ゴオオオオオオーー」という効果音、園子温監督の作品と同じ。どっちがどっちを真似たのか知らないけど。超常現象、というよりは、サイコ?お化け系にシフトしていて次回作がつくりやすくなった??が、怖さという点ではマンネリで流石にパワーダウン。
c0092710_6403717.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2012-11-08 06:49 | 映画 | Comments(0)

A DANGEROUS METHOD (危険なメソッド)...★2.2

意味ありげ(実際、意味深いのだが)な精神科ペイシェントが登場し、フロイト的、学術的高雅(?)な雰囲気の中で治療・・・な導入部から中盤以降、「患者・医師の危険な関係」・・・な、やや普遍的な、ややもすれば陳腐とも思われかねない展開に。心理学に縁もゆかりも無い一般人はついていきかねる内容か。
c0092710_2220443.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2012-11-06 06:40 | 映画 | Comments(0)

鍵泥棒のメソッド...★3.3

風呂屋で石鹸にスベって転んで頭を打ち、記憶を失う香川照之が良い味。記憶が戻ってから、がもう少し面白いことになるかと思ってたがオチはそれなりだったかな。
c0092710_6433973.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2012-11-05 06:56 | 映画 | Comments(0)