<   2013年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

11/22/63...★5

 11/22/63、読了。翻訳で読んだ「アンダー・ザ・ドーム」以来、久々のキング新作(最新じゃないけど)。kindle版をダウンロードして3週間で読了。仕事・睡眠以外の時間はほぼ本作品にかじりついていた。そのくらい面白く、引き込まれた。原書の小説を普段そんなに沢山読む訳でもない自分がこれだけ大部な本を読み通せたのは勿論kindle paperwhiteの辞書機能のおかげでもあるがやはりキングの筆力と題材・素材のクオリティの高さに尽きる。主人公・ジェイク同様、自分のJFK暗殺に関する知識はオリバー・ストーンの映画が全て。なので、冒頭、オズワルド単独犯行説をほぼ前提として始まる物語に少々違和感は感じたが、暗殺の真相がどうあれ、「その日」に向けたオズワルドの行動や彼の周辺は事実に忠実に描かれ、圧倒的なリアリティーをもって「その日」が近づいてくる。(暗殺の真相に関しては巻末のキングのコメントを読むべし)良い小説は自分が主人公になったような気になるものだが、本書ほどそれを感じた作品は近頃無かった。50s・60sのアメリカの習俗・流行に関する表現やスラングも散見されkindle内蔵辞書では調べられないことや、JFK暗殺の周辺人物に関する内容など途中webで調べたりしつつ読み進めたがそんな調べものの時間も楽しいと思える程。早く先を読みたい!気持ちを抑えつつ、もしやここが伏線では?と思ったり。キングらしく勿論ラストには何回もヒネりが効いているのではあるが、「その瞬間」まで辿り着いた時は大げさではなく体から力が抜けるような思いだった。5年間のタイムトラベルを3週間で堪能したのだから無理も無いか、、それくらい「厚み」がある読書体験だった。読後、タイムトラベル酔いでクラクラしつつ暫く続く陶酔感。傑作。翻訳版は紙のみ。
c0092710_21165742.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2013-10-27 18:37 | 読書 | Comments(0)

R.I.P.D (ゴースト・エージェント/R.I.P.D)...★1

これは酷い。悪霊退治のゴーストバスター・荒唐無稽ストーリーということはわかっていたのでせめてお化けのビジュアルで楽しめればと思っていたが、悪霊のキャラ・ビジュアル・CG全てがしょぼく、何のインパクトも無い。話の中身も無く、ギャグもスベりっ放しでは一体何処を観れば良いのか。100分に満たない短い尺だがそれでも長く感じた。
c0092710_18344125.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2013-10-27 18:36 | 映画 | Comments(0)

DIANA (ダイアナ)...★3

ダイアナ妃の「真の意中のひと」はパキスタン人医師ハスナット・カーンであった...という衝撃のノンフィクション本をベースにしているそうだ。予備知識無く観に行ったのでてっきりドディ某との恋愛を描いた映画と思っていたので冒頭から意外な展開。ナオミ・ワッツは好印象なのだが、残念ながら相手役の医師が(本当のところはどうか知らないが)いかにもときめかなそうな人物。。。格好いい訳でなく、気の利いたことを言うでも無く、、、でそこだけが興醒めたが話そのものはテンポ良く、あの有名なパパラッチ写真の真相も憎い演出(本当は違うと思うけど)。
c0092710_1726463.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2013-10-26 17:28 | 映画 | Comments(0)

観ずに死ねるか!傑作ドキュメンタリー88...★5

観ずに死ねるか ! 傑作ドキュメンタリー88、読了。因にkindle版は無いので紙で。評判通り実に面白い!各界の濃い面子が語る、観ずに死ねない珠玉のドキュメンタリーの数々。ムーアとか有名どころや、モリタツ本で知ったコレとかコレみたく観たやつもあるが、ほとんどが未見の作品。推奨文の内容がまたソソル。この本のリストで当分楽しめそう。
c0092710_15213344.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2013-10-13 15:31 | 読書 | Comments(0)

地獄でなぜ悪い...★4

「冷たい熱帯魚」「恋の罪」で園子温にはまったが直近2作品(ヒミズ・希望の国)は個人的にイマイチだった。同じような作品は撮らない、はわかるが社会派的?な作品よりも同監督には圧倒的な破壊力を期待してしまうので。そういう意味で本作品は「メーター振り切り」までは行かないが、アクションも笑いもインパクトありスクリーンから発する「圧力」は好きな上記2作品に相通じるものを感じた。俳優陣では國村・堤の存在感に全く引けをとらない長谷川博己がいい。イメージ大チェンジ。有名作のパロディー・オマージュが随所に効いていて「あそこはアレだよな」とか考えながら観るのも楽しいかも。
c0092710_108145.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2013-10-12 10:10 | 映画 | Comments(0)

11/22/63

先週末の日経書評欄で遅ればせながら知った久々のキング。ソソられるコメント。翻訳版を持ち歩くのは不可能・・・・だし(せこい話だが原書の5倍の値段って何なんだ?)、翻訳版はkindleになってないしということで原書で読み始めた。ありがちな過去を変えられる話なのだけどやっぱりハマる。でもkindleのリーディングタイム計算によると読了まで所要20時間。。
c0092710_20484816.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2013-10-09 20:51 | 読書 | Comments(0)

アンダー・ユア・ベッド...★3

【壇蜜カバー限定版】アンダー・ユア・ベッド、読了。いつもながら?の大石圭変態節炸裂だが、冒頭・文字通りの「アンダー・ユア・ベッド」って流石にどう?とは思ったが。本作は「甘い鞭」カバー・期間限定だがその他角川ものも現在半額SALE中。ジャパンホラー好きとしては貴志祐介の過去作品も纏め買い。
c0092710_8134593.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2013-10-06 08:18 | 読書 | Comments(0)

そして父になる...★4

エリート会社員・福山雅治、街の電気店主・リリーフランキーの両夫妻が登場、子供の取り違いを説明する冒頭の下りで大抵の人は話の展開が読めてしまう作品。「親子」として過ごした時間をとるのか、「血」をとるのか。解決に「金」を持ち出す福山の行動も想定内なら、気色ばむリリーフランキーも想定内。その後の流れも然りなのだが退屈はしない。究極のテーマに普通に悩む二家族がリアルに迫ってくる。自分ならどうする、という感情移入を自然としてしまう。笑って泣いて、間延び無く一気に観せられる2時間。佳作。
c0092710_86348.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2013-10-05 08:06 | 映画 | Comments(0)