<   2015年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

CLOWN (クラウン)...★3

「呪いの衣装」とかガチガチのB級ホラー設定、ありがちだが途中まではテンポよく話が進みノっていける一方、終盤はややダレる。呪いの解き方にヒネりが無いのと変異の「最終形」に凄みが無く尻窄みなのが惜しい。
c0092710_1450489.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2015-03-29 14:50 | 映画 | Comments(0)

KANO ~1931海の向こうの甲子園~ ...★2

戦前の台湾野球→甲子園出場のサクセスストーリー(実話)だが、台湾特有の事情から本省人・台湾人・日本人混成になっているメンバーのバックグラウンドが(尺が長い割に)殆ど描かれておらずひたすら直球野球アクションが続く感じ。もうちょっと「変化球」も混ぜたほうが話に起伏が出来ていたかも。
c0092710_615844.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2015-03-22 18:02 | 映画 | Comments(0)

THE IMITATION GAME (イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密)...★4

ナチスの暗号解読のサスペンスタッチと主人公の数学者(ハマり役!)の意外な秘密を現在過去を行きつ戻りつしながら巧みに描く。解読できることは筋を知らなくても分かるがサイドストーリーや解読後の展開が興味深く最後まで堪能。
c0092710_23562045.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2015-03-20 23:57 | 映画 | Comments(0)

JESSABELLE (ジェサベル)...★1

B級は百も承知なので地味且つ演技力不足の俳優陣はまだしも許せるが、肝心のお化け屋敷と呪いの?ビデオが徹頭徹尾中途半端で全く盛り上がらない。ラストの演出に至ってはミエミエすぎて失笑。90分の尺でも長く感じた。
c0092710_221726.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2015-03-16 22:17 | 映画 | Comments(0)

The Theory of Everything (博士と彼女のセオリー)...★4

ホーキング氏と言えばベストセラーの著書がまったく理解できなかった記憶しかなくご本人に関する知識皆無で鑑賞。有無を言わさぬ純・感動ストーリーかと思いきや、中盤以降、意外な展開。宇宙・時間の真理を探究する求道者、という個人的イメージは良い意味で裏切られ、「人間ホーキング」を見た思い。ホーキングを演じるレッドメインの表情は見ていて飽きない。
c0092710_12331033.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2015-03-14 12:33 | 映画 | Comments(0)

ソロモンの偽証 前篇・事件...★4

原作は未読。前編だけ観た段階では中学生の演技にかなりバラつきあり、シーンによっては学芸会風の棒読みも散見されるがストーリーは流石に面白く途中から前のめってくる。後編につなぐタイミングは絶妙。
c0092710_2229152.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2015-03-13 22:30 | 映画 | Comments(0)

The Fault in Our Stars (きっと、星のせいじゃない)...★4

ちょっと斜に構えてしまうくらい悲しすぎるシチュエーションなのだけれど、主人公二人の明るくナチュラルな演技で不思議とノって観られる一本。ウィレム・デフォーもカメオ的?と思いきや意外な役回り。
c0092710_2226254.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2015-03-08 22:26 | 映画 | Comments(0)

悼む人...★3

随分前に読んだ原作の内容を鑑賞しながら徐々に思い出す。原作の作品世界を淡々と。ビジュアル化は難しい作品だと思ったが、主人公と寄り添う女性の心情とその起伏が丁寧に描かれている。でもやっぱり共感は出来なくて、好き嫌いは分かれそう。
c0092710_7383351.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2015-03-07 07:38 | 映画 | Comments(0)

American Sniper (アメリカン・スナイパー)...★4

機械のようにイラク人を撃ちまくるスナイパーがスコープを覗き、引鉄を引くとき・引いた後に見せる一瞬の「間」が絶妙。その一瞬に使命感・逡巡・安堵・憎悪等々の感情が去来する様をまざまざと。アメリカワンサイドのモノローグはちょっと気にはなったが最後まで目が離せない。
c0092710_1621033.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2015-03-01 16:03 | 映画 | Comments(0)