<   2015年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧

新宿スワン...★2

原作マンガは未読。チマチマしたチンピラ抗争物語で中盤くらいでこれ以上話は拡がらないことを確信して実際その通りの展開。役者は揃っているのに話も演出も薄すぎる。これで監督園子温??
c0092710_1492484.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2015-05-31 14:10 | 映画 | Comments(0)

Ode to My Father (国際市場で逢いましょう)...★2

朝鮮戦争で生き別れの父・妹を想いつつ、家(店)を守る長男の物語。まず最初の生き別れシーンの芝居がかりぶりからこりゃ自分には無理っぽいなと悪い予感がしたが、予感的中で生き別れ後の艱難辛苦の連続も感情の昂りというよりコリア映画独特の演出がわざとらしさ・不自然さに見えてきて観ているほうは終始白け気味。シアター内、けっこうすすり泣きも聞こえてきていたが個人的には入っていけずじまい。
c0092710_1514752.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2015-05-30 15:15 | 映画 | Comments(0)

Lilting (追憶と、踊りながら)...★4

最愛の恋人を失った主人公・ゲイ男性と、その恋人の中国人母の物語。設定が腑に落ちるまでやや間があるが流れに乗った後は主人公の亡き恋人への想いが自然な共感を誘う。友人に通訳を頼んで行う母との意思疎通の隔靴掻痒感が逆に主人公・母の故人への想いを鮮やかに浮かび上がらせ最後は熱いものが。良い作品。
c0092710_2252987.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2015-05-28 22:06 | 映画 | Comments(0)

イニシエーション・ラブ...★4

プロモーションで十二分に煽られていた故、当然予備知識は皆無・自分なりに結末をずっと考えながら鑑賞。どう書いてもネタバレになるので書きようが無いのだが、とにかく全く想像できない結末だったとは言える。観る側の予断を巧みに利用していて、伏線もあれだけあったのにオチがわからなかったのはちょっと悔しい。「二度観たい」とまでは思わないが、プロモーションは決して大風呂敷ではなく、よく練られた秀作。後で考えると成る程ねのタイトルも伏線。
c0092710_1454331.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2015-05-24 14:56 | 映画 | Comments(0)

TWO DAYS, ONE NIGHT (サンドラの週末)...★1

失職した同僚の復職と自らのボーナスの二択で社員に投票させるという設定も違和感(こういう事が本当にあるのかどうかは知らない)あるが、善意を強制すべく週末に社員個別訪問を開始する主人公の行動にも全く共感出来ず。同僚との交渉もただただお願いベースで単調なのにも辟易したが、更にラストには謎の演出。まさかこれで爽やかに纏めた訳じゃないよね、、、と、悪い冗談のような映画。怪作。
c0092710_1527796.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2015-05-23 15:28 | 映画 | Comments(0)

RUN ALL NIGHT (ラン・オールナイト)...★4

息子への愛のかたちはそれぞれだが、マフィアボス父=エド・ハリスと殺し屋父=リーアム・ニーソンの二人が渋く熱く凄味ある役柄を競演、特にマフィアボスの豹変ぶりは見もの。結末は読めても最後まで堪能できる定番アクション。
c0092710_22471477.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2015-05-21 22:48 | 映画 | Comments(0)

THE SEARCH (あの日の声を探して)...★3

チェチェン紛争で父母を殺され逃げ延びた子供と、ロシア軍に徴兵され遂には前線に送られる若者の二人が主人公の物語がパラレルに展開。剥き出しの暴力に晒され慄く二人の話が一体どうつながるのか?という疑問は最後まで引っ張られる。蹂躙される方もする方も結句同じように弱い人間であることをまざまざと見せつけられちょっとゾクっとくるラスト。
c0092710_16181416.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2015-05-17 16:19 | 映画 | Comments(0)

ビリギャル...★4

塾講師の過剰なアオりと主人公のこれまた過剰なギャル演出でどんな熱血ストーリーを見せられることやらとやや不安を覚える立ち上がりだが、ギャル父母・兄妹・友人・学校教師と絡んでの中盤以降波乱万丈に前傾姿勢へ。見事なギャップ演技を見せるビリギャル嬢を心から応援したくなるスカッと爽やかな青春映画。受験時代は遥か彼方の人も回春できる佳作。
c0092710_13445454.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2015-05-16 13:47 | 映画 | Comments(0)

メイクルーム...★2

AV撮影現場のメイクルームだけを舞台にしたシチュエーションコメディーで新鮮と言えば新鮮、出だし期待は高まる。あくまでコメディーなのでキワどいシーンではなくキワどいトークで笑いをとることを企図、はわかるのだけれど現役AV嬢・主役のメイク女史のセリフほぼ棒読みも気になるし、ワンシチュエーションで中盤以降話もダレてくる。
c0092710_66955.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2015-05-13 23:06 | 映画 | Comments(0)

Mommy / マミー...★4

注意欠如・多動性障害を持つ15歳の少年と母の物語。地味な出だしと何だこりゃ?な1:1の正方形映像(シネマスクリーンの真ん中)で今ひとつ入りにくいな、と感じたのも束の間、隣人も巻き込んだ怒涛の親子愛憎劇が始まり目が離せなくなる。正方形映像の種明かしは後半で。オアシスのワンダーウォールなんて聞き慣れてるのに曲を使ったシーンではちょっとゾクっときた。他の選曲も良い。
c0092710_14324210.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2015-05-10 14:33 | 映画 | Comments(0)