<   2015年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

共犯...★2

「共犯」の意味が最後まで読めず終盤にようやくストン。なあるほど。と、この点についてはスッキリなのだが若い俳優陣のぎこちなさが途中から気になりだして謎解き・ストーリーになかなか入れず終わってしまった。
c0092710_23093300.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2015-07-30 23:09 | 映画 | Comments(0)

Terminator: Genisys (ターミネーター:新起動 ジェニシス)...★2

映像技術がパート2のそれから全く進歩しておらず、ターミネーター同様、観ている自分も過去に送り込まれた気分。時間のパラドックスも、設定をこねくりまわしすぎで興ざめ。
c0092710_14101579.jpg


[PR]
by hatcho_bori | 2015-07-26 14:13 | 映画 | Comments(0)

TRACKS (奇跡の2000マイル)...★3

オーストラリア砂漠横断2,000マイル旅の動機は最後までよく分からないのだけれどマッドマックスなランドスケープの美しさに惹かれる。マッドマックス、と言うかこんな無防備に旅してマッドマックスとは言わないが追い剥ぎ・野生動物などトラップは至る所にありそうなものと変な期待?をしながら観ていたが。。「安心」して鑑賞できるロードムービー。
c0092710_14154896.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2015-07-25 14:18 | 映画 | Comments(0)

ZOMBEAVERS (ゾンビーバー)...★3

ビーバーがゾンビになるだけのBギャップギャグムービーかと思いきや、けっこう色々なネタ&仕掛けがあり笑って楽しめる。ふざけきったタイトルバックで盛り上がる期待感。登場30分後にはこの中の誰かは死んでいるに違いないと確信できる頭が悪そうな(失礼)女子3人組とお約束のぼつんと建った山小屋で更に期待は高まる。後半は最初の期待が程よく裏切られて後味はなかなか良し。そうきたか、と。「死霊のはらわた」とか好きな人にはたまらない一本じゃなかろうか。
c0092710_23573627.jpg


[PR]
by hatcho_bori | 2015-07-13 23:57 | 映画 | Comments(0)

きみはいい子...★3

フィクションとわかってはいても子供の虐待話は観ていて正直気持ちがのってこない。子役の演技がなかなか真に迫っていて余計にそう感じたかも。切ない。悪くない作品とは思うけど。
c0092710_14202915.jpg


[PR]
by hatcho_bori | 2015-07-11 15:20 | 映画 | Comments(0)

Turist (フレンチアルプスで起きたこと)...★3

楽しいはずのファミリー雪山バカンスがあるアクシデントを契機に一転して緊張状態へ。。と、言ってテンションは高すぎず低すぎず言葉・仕草の端々でほとばしるちょっとした火花に注目。旦那のリアクションもわからぬではないんだけど。あるファミリーの「非」日常。
c0092710_00035725.jpg


[PR]
by hatcho_bori | 2015-07-09 23:30 | 映画 | Comments(0)

CHILD 44 (チャイルド44 森に消えた子供たち)...★2

原作本未読なれど「このミス1位」と聞けばやはり期待してしまうが中盤まで観て「これってミステリーか?」の疑問。旧ソ連・スターリン時代の陰陰滅滅が延々と続き肝心の?ミッシング・チルドレンのほうはサブ・コンテクスト感が。悲惨な話ではあるが、何せサブで進行する話なので真犯人への興味もいまいち盛り上がらず、追い詰める過程もいい加減どうでもよくなった後に訪れるトドメの一撃。いくら何でもそりゃないだろう、と。陰陰滅滅の雰囲気は別に嫌いじゃないが、この展開・ストーリーは。。。原作からどの位改変されてるのだろう?
c0092710_22054919.jpg


[PR]
by hatcho_bori | 2015-07-07 23:58 | 映画 | Comments(0)

愛を積むひと...★4

先だった妻の遺志をうけて庭の石塀を積み続ける頑固な男。よくある話と思いきや東京に残してきた娘との複雑な関係や、石積み手伝いのバイト少年が引きずる影などスパイスがほどよく効いて話に没入、後半の地雷はお約束と知りつつも落涙は不可避。柄本明は出た瞬間に役柄が読めるのは笑える。美瑛の風景は必見。
c0092710_14441172.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2015-07-05 14:45 | 映画 | Comments(0)

THE SALVATION (悪党に粛清を)...★4

復讐に燃えるマッツ・ミケルセンは、政治家でも官憲でもないので「粛清」はちょっと違うかな?大筋は原題の"THE SALVATION(救済)"の通りでどういう風に「救済」するのかは観てのお楽しみだが、「偽りなき者」で魅せたのとは全く違う荒ぶるミケルセンの「抑えた」怒りの演技に引き込まれる。敵役・脇役もシッカリで最後まで堪能できる。個人的には結末に若干不満が残るものの、見応えありお勧めできる一本。
c0092710_14383793.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2015-07-03 23:38 | 映画 | Comments(0)

ラブ&ピース...★2

楽曲も監督自身の作だそうで、ご本人の絶好調ぶりは伝わってくるファンタジー作品だが大した捻りも無い脳天気話を延々と観せられる側は忍耐要。よくもこうまで違う作品を撮り続けられるもの、とある意味感動。
c0092710_22271540.jpg


[PR]
by hatcho_bori | 2015-07-01 22:27 | 映画 | Comments(0)