<   2015年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧

THE TRANSPORTER REFUELED (トランスポーター イグニション)...★2

話は凡庸。せめてクルマくらいは色々なやつを観せて・壊して欲しいのだが提供車:アウディ以外は安パトカーの安アクションのみなので盛り上がりに欠ける。
c0092710_22565640.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2015-10-26 22:56 | 映画 | Comments(0)

ベトナムの風に吹かれて...★2

奥田瑛二が出てきてもう少し濃い展開になるのかと期待したがもの凄く普通に終わってしまい引っ掛かるところ無し。
c0092710_16051617.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2015-10-25 16:05 | 映画 | Comments(0)

岸辺の旅...★2

逝ってしまった浅野忠信の足跡を辿る旅。旅の過程で浅野の素顔が見えてくる...筈なのだがその肝心な部分がいま一つ伝わってこないが故に残された深津絵里の情念の演技も不完全燃焼気味。
c0092710_15524510.jpg


[PR]
by hatcho_bori | 2015-10-18 15:52 | 映画 | Comments(0)

THE INTERN (マイ・インターン)...★4

高齢者インターン役で入社してくるロバート・デ・ニーロの好々爺ぶりが素敵。キレないとわかっていてもいつかキレるのではと盛り上がる期待は、素敵な笑顔の前に徐々にしぼみ、終盤は意外にも何ともウォーミングな展開に。大御所を顎で使う女社長の喜怒哀楽が面白い。
c0092710_22245925.jpg


[PR]
by hatcho_bori | 2015-10-16 22:24 | 映画 | Comments(0)

LABYRINTH OF LIES (顔のないヒトラーたち)...★4

所謂戦犯を裁く裁判がドイツで戦後20年近くを経てから行われていたことを不明にして本作で初めて知った。国家としての贖罪と、当時従軍し一般市民に戻った人々の贖罪意識の温度差が実に良く描かれていて、告発した後に大きな壁にぶつかる若手検事に容易に感情移入。加害者視点のホロコースト。良作。
c0092710_13495770.jpg


[PR]
by hatcho_bori | 2015-10-12 13:49 | 映画 | Comments(0)

TED2 (テッド2)...★3

思ったよりも真面目な展開で流石に初見時ほどの笑いは無かったが、それでも週末・疲れた脳を癒す鉄板安心感の品の無さ。
c0092710_22125100.jpg


[PR]
by hatcho_bori | 2015-10-09 22:12 | 映画 | Comments(0)