<   2015年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

DUMB AND DUMBER TO (帰ってきたMr.ダマー バカMAX!)...★2

前作と同じレベルのテンションキープを試みるも特にモジャモジャのほう(ジェフ・ダニエルズ)は全体的に疲労感隠せず腹の底からは笑えない。
c0092710_13131679.jpg


[PR]
by hatcho_bori | 2015-11-29 13:13 | 映画 | Comments(0)

さようなら...★3

所有している人間が亡くなった後も動き続けるアンドロイド。前半〜中盤はちょっと退屈だったがラスト20分のシークエンスはとっても映画的で美しい。竹の花。
c0092710_08391852.jpg


[PR]
by hatcho_bori | 2015-11-28 16:39 | 映画 | Comments(0)

起終点駅 ターミナル...★3

同じ佐藤浩市主演の「愛を積むひと」は美瑛の美しさが際立っていたが、本作は釧路が舞台で美瑛とは対照的な閉塞感・うらぶれ感がストーリーと程よくマッチ。今回の役柄は感情移入しずらいが父・佐藤浩市の葛藤には共感できる部分も。
c0092710_10011308.jpg


[PR]
by hatcho_bori | 2015-11-22 15:01 | 映画 | Comments(0)

AMERICAN HEIST (クライム・スピード)...★3

刑務所で掘られて崩壊した兄。全然似てないが弟役もこれまた自分が無く流されて兄と共に銀行強盗に巻き込まれて崖っぷちに追い詰められる。SWベイダーを演じた頃とはさすがに様変わりのヘイデンが情けない弟役を好演。派手なアクションは無いがダレなく纏めた感じ。
c0092710_14423176.jpg


[PR]
by hatcho_bori | 2015-11-21 14:42 | 映画 | Comments(0)

MOONWALKERS (ムーン・ウォーカーズ)...★4

CIA役の白髪ゴリラーマンの存在自体が反則。動くだけで面白すぎる。思わせぶりなベトナムの残像も含め全てが笑いの伏線。本当は月に行ってなかった=ダークムーン系陰謀論パロディというやや高尚なストーリーラインを予期していたがそんなものは全く無くただひたすら殴って撃ってラリって笑わせてくれた後に待つ極上の月面ネタ。固まった星条旗(笑)。
c0092710_21415934.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2015-11-16 21:41 | 映画 | Comments(0)

You're Not You (サヨナラの代わりに)...★4

予備知識無く鑑賞したがちょっとお行儀の悪い介助者が金持ちの世話をするところが「最強のふたり」と似た感じかなと思ったものの本作の主人公はALSでそう遠くない死期を待つ身であるところが大きな違い。こちらの介助者は女子大生だが冒頭のリステリンを吐き出しながらの出発から後半は驚くほどの変貌、エンドロールは必見。患者ヒラリーとの息も合った良作。
c0092710_16441476.jpg


[PR]
by hatcho_bori | 2015-11-15 16:44 | 映画 | Comments(0)

ボクは坊さん。...★3

要するに生臭坊主的な話なんだろうなと勝手に想像していたが思っていたより爽やかな青春坊さんストーリー。伊藤淳史演じる坊さんはアタマがなくてもらしく見える。主題歌がいいね。
c0092710_15220805.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2015-11-14 15:21 | 映画 | Comments(0)

BORDERLESS (ボーダレス ぼくの船の国境線)...★4

国境近辺(と言っても中東のどこか程度しか分からない設定)の河に浮かぶ座礁船に隠れて暮らす少年の生活に絡んでくる子供と赤ん坊と兵士。台詞は殆ど無いが眼で語られる戦争の悲惨さ・無惨さに引き込まれる。少年の逞しさと兵士の情けなさの鮮やかなコントラストに何とも複雑な思い。
c0092710_15013585.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2015-11-08 15:01 | 映画 | Comments(0)

Leviathan (裁かれるは善人のみ)...★2

荒涼とした暗黒風景・ロシアの原野は雰囲気あり、景観同様に荒みきった登場人物たちも期待を盛り上げるには十分なのだが話が盛り上がらず。裁判結審シーンが2度あるが、何故か異常に早口の判決文読み上げに目が醒める?邦題はズレてるようで実は、というもの。
c0092710_13112080.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2015-11-03 13:11 | 映画 | Comments(0)