<   2016年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

99 HOMES (ドリームホーム 99%を操る男たち)...★3

リーマンショック後のアメリカ。住宅バブル宴の後で次々差し押さえになる物件で巨利を稼ぐ不動産屋と自分も家から追い出されてその不動産屋の配下になる若者。『ウォール街』のマイケル・ダグラスとチャーリー・シーンそのまんまやんけ、と思いながら観てたら、"Don't get emotional about a house."(家に感情移入するな)と説教するシーンもそうだし、金の亡者→良心の呵責という流れも然りでまるっきり『ウォール街』不動産屋バージョンだった。
c0092710_14534366.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2016-01-31 14:53 | 映画 | Comments(0)

THE PHYSICIAN (千年医師物語~ペルシアの彼方へ~)...★2

中世。医術習得を志しイギリスを出て中東へ。それなりに波乱万丈はあるのだがなんか大河ドラマぽい真面目くさった展開でかつ尺も長く度々眠気に襲われる。やや冗長・冗漫。何回か出てくる『脇腹痛』は虫垂炎だったのね。
c0092710_21403408.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2016-01-30 21:40 | 映画 | Comments(0)

IN THE HEART OF THE SEA (白鯨との闘い)...★3

「白鯨」は未読。後半まで観たら邦題とのギャップに笑った。白鯨との闘いもまあまあ迫力あるがどちらかと言うと『ミニョネット号事件』や事件をベースにした『ライフ・オブ・パイ』のようなサバイバルストーリーのほうが中心。小説「白鯨」の背景にこんなインスパイアがあった事は驚きではある。
c0092710_16035453.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2016-01-24 16:03 | 映画 | Comments(0)

SON OF SAUL (サウルの息子)...★3

ほぼ収容所内部の設定で主人公サウルの一人称視点で撮るとこういう見え方なのか、と。ホロコーストの残酷な現実はまるで超現実、サウルが全ての感情を圧し殺し自分を真空の中においているかのようなシークエンスが延々と続き背筋が寒い。極限下摩滅した感情はやがて...。ラスト、サウルの『目』が残像。
c0092710_15510673.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2016-01-23 15:50 | 映画 | Comments(0)

知らない、ふたり...★3

本日でわたしは閉館前武蔵野館とりあえずラスト。

韓流・極甘ーーーーい系統を想像して観に行ったが意外や?しっかりした俳優陣。話はありがちだが男女のトボけた演技で笑いをとりつつテンポ良く。軽快コメディ。
c0092710_17371608.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2016-01-16 17:37 | 映画 | Comments(0)

MONSTERS : DARK CONTINENT (モンスターズ/新種襲来)...★1

週末。久々のカリテ。通い詰めた武蔵野館がビルの耐震補強で秋まで閉館なので優待はカリテに振り替え。東京市場、今日の午後は軒並み暴落でいつもは動かざること山の如しの武蔵野興業も(ここにしては)けっこうな下げ。そろそろ買い増してもいいかな?

で、カリテで鑑賞したのはこちら↓。それほど疲れている自覚も無かったのだがひたすら眠かった。。(わたしのように)B級なりに楽しめるモンスター系を期待すると確実に失望する。変なクラゲみたいなのしか出てこないのがそもそも意味不明な一方でソルジャーたちはウェッティーかつヒューマンな小芝居をそこかしこで。何をやりたかったのだろうか。。。
c0092710_22012380.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2016-01-15 22:01 | 映画 | Comments(0)

BRIDGE OF SPIES (ブリッジ・オブ・スパイ)...★4

旧ソ連領空で撃墜されたU2スパイ機のパイロットが囚われ、釈放された史実は知っていたがその舞台裏にこのようなドラマがあったとは驚き。映画的な脚色がどの程度入っているかはともかく、交渉にあたった弁護士(トム・ハンクス)の弁護・ハードネゴぶりは見もの。交換要員の旧ソ連スパイ役をはじめ脇役も魅力的で結末はわかっていても手に汗握らせる憎い演出。
c0092710_18174376.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2016-01-14 18:17 | 映画 | Comments(0)

いしゃ先生...★3

山形県の無医村に東京から無理無理に引き戻された実在の女医さんの話。演じる平山あやの透明感が良く、不明にしてピカピカ新進女優かと思って鑑賞後調べたらそれなりにキャリアを積んでいて少驚。山間・山形の四季が美しい。
c0092710_16174518.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2016-01-11 16:17 | 映画 | Comments(0)

はなちゃんのみそ汁...★2

夫役のキャラクターが面白い。妻役はいい感じで枯れてきた?ような気もしたけれど物語はさほど胸に迫らず。去年買い増しした東京テアトルは創業70年だそう。
c0092710_12544787.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2016-01-10 12:54 | 映画 | Comments(0)

RAMS (ひつじ村の兄弟)...★3

アイスランドの広大・雄大な自然で大らかに始まる物語は隣り合わせに住む老兄弟の異様に狭量な反目で一転、意外な展開。R指定も納得の大人の映画。
c0092710_22410350.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2016-01-09 22:40 | 映画 | Comments(0)