DANCING BEETHOVEN (ダンシング・ベートーヴェン)...★3

今週中に武蔵野館で二本観ないといけないのだけど(いけないこともないのだけど)、選択肢は限定的。で、本作。第九でバレーって有り?程度の知識しかないのだけど本番に向けた準備・メイキング系のドキュメンタリーは意外とど素人が観ても楽しめるダンサーの躍動感と手足の「張り」。80分の(自分にとっては)ちょうど良い尺。
c0092710_23204180.jpg

[PR]
# by hatcho_bori | 2017-12-25 23:25 | 映画 | Comments(0)

花筐 HANAGATAMI ...★2

・・・・で、昨日の歌舞伎・夜の部疲れがたたり、前段30分寝落ち...。巨匠の映像美もストーリーがやや難解で私には猫小判だった。スバル興業株は11月の年高85万から10万ほど調整。持ち株の中では今年一番上がった株だけどテアトル・東映とかと違って一個しか持ってないので上がっても売れなくて永代保有予定。
c0092710_15034959.jpg

[PR]
# by hatcho_bori | 2017-12-24 15:13 | 映画 | Comments(0)

今年の〆歌舞伎〜十二月大歌舞伎 第三部

初シネマ歌舞伎が今年七月。初生歌舞伎が八月で本日十回目の観劇。株投資も七月以降で買ったのは松竹・歌舞伎座くらいで文字通りハマった一年だった。来年も攻めていくけど取り敢えず今年はこれで〆。感想など↓
c0092710_22141367.jpg


More
[PR]
# by hatcho_bori | 2017-12-23 22:41 | 歌舞伎 | Comments(0)

DENIAL (否定と肯定)...★2

TOHOシネマズ日比谷が秒読みでシネマズシャンテはいつまであるんだっけ...。ここのサイズ感やラインナップ好きだったんだけどな。感想↓
c0092710_22180563.jpg


More
[PR]
# by hatcho_bori | 2017-12-21 22:30 | 映画 | Comments(0)

8年越しの花嫁 奇跡の実話...★3

最近、毎朝のお楽しみは私の履歴書@日経朝刊=江夏豊。全盛期は知らないのだがニトリ社長以来の面白さ。細く長く、では人の記憶には残らないんだな、と。で、本日のムービーはタケルもの。松竹配給だからわざわざ池袋まで行かなくても丸の内ピカデリーでも観れたと観た後で気づく。タケル人気で女子大学生・高校生が殆ど=やや浮いている。感想↓
c0092710_22320529.jpg


More
[PR]
# by hatcho_bori | 2017-12-18 22:40 | 映画 | Comments(0)

十二月大歌舞伎 第二部

今月の歌舞伎座は三部制。昨日は先週に続き第二部を。三時開演と言うやや中途半端な時間スタートだった為、歌舞伎座隣の富士そばで天ぷらそば一杯を平らげたのが運の尽きで最中に若干眠くなったが全般には満足。感想↓
c0092710_14275594.jpg


More
[PR]
# by hatcho_bori | 2017-12-17 14:21 | 歌舞伎 | Comments(0)

なっちゃんはまだ新宿...★2

そろそろ今年もカウントダウン。220本までは行かないかな?今宵は「ならでは」のカリテ作品・チケット売り場でタイトル言うのがちょっと恥ずかしい。感想↓
c0092710_00181273.jpg


More
[PR]
# by hatcho_bori | 2017-12-15 00:27 | 映画 | Comments(0)

初Leica...

やっぱり来てしまった。どうでもいいんだけど手前のラボエムって昔よく行ったな〜。今は流石に行かなくなったけど。続き↓
c0092710_13000968.jpg


More
[PR]
# by hatcho_bori | 2017-12-12 13:09 | モノ | Comments(0)

ビジランテ...★4

最近のテアトルラインナップでは一番期待していたビジランテ。『花火』での公演が光る桐谷健太は「三男」で出演、また存在感。感想↓
c0092710_23095122.jpg


More
[PR]
# by hatcho_bori | 2017-12-11 23:29 | 映画 | Comments(0)

壽 初春大歌舞伎 チケット予約

毎月10日は歌舞伎座翌月公演のチケット予約開始日。今回は高麗屋三代襲名披露と言うことで一般会員予約開始時点でゴールド・特別会員予約でかなり埋まっている状況。事前に昼の部・夜の部の第三希望日くらいまでをリストアップ、10時を迎えたが何とアクセス集中で「しばらく経ってからどうぞ」。こりゃ希望日は無理で仕事休んで行かんとしゃーないかと思ったのも束の間、1-2分後に何とか予約画面に入ることが出来、希望日の座席が確保できた。海老蔵・獅童の演舞場公演もそうだが、やはり人気役者の公演はチケットが早く売れてしまうことを改めて知る。桟敷で観る贅沢感は捨てがたいのだがやはり松竹・歌舞伎座の優待権利も取って1日から席を先行確保する保険も掛けておきたい歌舞伎マニア。
c0092710_11571280.jpg

[PR]
# by hatcho_bori | 2017-12-10 12:11 | 歌舞伎 | Comments(0)