タグ:ヒューマントラストシネマ有楽町 ( 59 ) タグの人気記事

The Idol (歌声にのった少年)...★2

感想↓
c0092710_21362071.jpg


More
[PR]
by hatcho_bori | 2016-10-06 21:36 | 映画 | Comments(0)

LITTLE BOY (リトル・ボーイ 小さなボクと戦争)...★3

感想↓
c0092710_13211631.jpg


More
[PR]
by hatcho_bori | 2016-09-17 13:21 | 映画 | Comments(0)

Asphalte (アスファルト)...★4

続き↓
c0092710_23353290.jpg


More
[PR]
by hatcho_bori | 2016-09-08 23:35 | 映画 | Comments(0)

THE VIOLIN TEACHER (ストリート・オーケストラ)...★3

サンパウロ、スラムの学校でクラシックを教えることになったバイオリニスト。熱血教師ものと思いきや、結構冷めているのはまだプロ楽団への夢を引きずっているからだが生徒との交流が深まるうちに...というパターン。スラムで暮らす子供達の行き場の無さ・貧困の深刻さはリアル。
c0092710_13384555.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2016-08-27 13:38 | 映画 | Comments(0)

11 MINUTES (イレブン・ミニッツ)...★4

無関係に見える話が平行して走った後、交差するパターンと分かっているが故に、各々の話の中に更なる偶然の共通点・伏線を探しながら観てしまう。加えてあの不穏な音楽は何?どう書いてもネタバレるのでこれ以上は書かないが、途中目星をつけていた仮伏線はことごとく外れモヤモヤ感は残りつつの大団円(炎上?)。ハシゴは外されたがちょっと心地よい取り残され感。
c0092710_21473076.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2016-08-22 21:47 | 映画 | Comments(0)

Virgin Mountain (好きにならずにいられない)...★3

アイスランド・レイキャビックの気候とあまりにもマッチしすぎている40代独身・ガタイ良すぎる男性。シャイ過ぎて女性関係は言うまでもなく?職場の人間関係もダメダメ。そんな中、思いを寄せる女性とのアップダウン。ラストで主人公が見せる表情は色々に解釈できそうだけど個人的には「ハッピーエンド」なんでは、と。
c0092710_17405122.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2016-07-24 17:40 | 映画 | Comments(0)

THE SURPRISE (素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店)...★1

富豪が死にたいと思う気持ちもよく分からなければ、死にあぐねて?「業者」に頼みに行き、交わす契約も何かよく分からん。「サプライズコース」だと何がいいの?棺桶選ばせる理由は?退屈。
c0092710_17033121.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2016-05-28 17:03 | 映画 | Comments(0)

TOUR DE FORCE (君がくれたグッドライフ)...★2

ALSと診断され余命2年。安楽死が許されるベルギーで処置してもらう為、最後の力を振り絞り自転車で彼の国を目指す。毎年弟・友達夫婦で自転車旅行をしているのでその流れで同じメンバーでベルギーにGOということなのだが自分の奥さん以外には目的を告げずに出発進行ってどうなんだろう。
c0092710_16375786.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2016-05-21 16:37 | 映画 | Comments(0)

THE EICHMANN SHOW (アイヒマン・ショー/歴史を映した男たち)...★4

強制収容所からの生還者らが語るホロコーストの実態を被告席でじっと聞くアイヒマン。クルーが期待するTV映えするリアクションは無く終始無表情。ついには凄惨な記録映像を見せスポットライトをあててアイヒマンの反応を観察。ホロコーストが絶対悪であることに疑問の余地は無い。が、裁判である以上、アイヒマン個人の私的感情、罪悪感の有無ではなくナチスがホロコーストに走った背景・システムそのものに迫る必要があったのではないだろうかと。アイヒマンその人に同情の余地は無いが、映画(裁判)後半の劇的な「演出」って、あれが本当ならどうなんだろう。せめて自身の罪を自覚して死んでいけ、と。この裁判が東京裁判やニュルンベルクと同じとは言わないが、大きな意味での「戦争犯罪」裁判として通底するものはあると思う。観た後いろいろ考えさせられる。
c0092710_13085734.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2016-04-23 13:08 | 映画 | Comments(0)

WHEN ANIMALS DREAM (獣は月夜に夢を見る)...★1

すぐ思い浮かぶのはクロエ・グレース・モレッツ主演のリメイク『モールス』。こういう映画のキモは「あんな子が」感。本作女優は残念ながらそういう意外性が皆無?で変身の前から陰々滅々で半分彼方の世界に行ってしまっており変身の切なさを感じない。ただのモンスター映画ならもう少しはじけてもいいのだがそういう感じも無くひたすら陰鬱。
c0092710_15410218.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2016-04-16 15:40 | 映画 | Comments(0)