タグ:映画・2013 ( 102 ) タグの人気記事

永遠の0…★4

あの小説のボリュームを映画の尺に収める関係上、見せ場=泣かせどころエピソードがかなり「詰め込まれた」感有り。途中半分くらいまでは入り込んで観ていたが、後半は宮部礼賛のテンションが高まりすぎ・つくり手の泣かせる意図が透けて見えて少々食傷気味。そういう意味では「三丁目の夕日」に通じるところあり。年末年始に家族で観るのに無難な選択。本作の場合は、まだ未読なら原作は読まずに鑑賞したほうが楽しめるかも、と思った。一方でVFXは凄く空中戦や軍艦の迫力・臨場感は素晴らしい。日本映画もここまで来たか、と。
c0092710_17173044.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2013-12-27 17:18 | 映画 | Comments(0)

GRAVITY (ゼロ・グラビティ)…★5

パニック・ドタバタムービーと思っていたが始まってすぐその予想は裏切られる。宇宙空間に浮かぶ塵のような存在=人間と、頭上に拡がり時々刻々その表情を変える地球の圧倒的美とのコントラスト。漆黒に呑み込まれ遭難したサンドラ・ブロックの震えるような恐怖に観ていてあっという間に同期。宇宙・無重力の映像美もさることながら真空の無音・通信の会話など音で感じる臨場感も特筆もの。映画の枠におさめる為にストーリーに多少のご都合主義はあるもののこれ以上の宇宙疑似体験が出来る映画はかつて無かったのでは。ラストは薄らと涙。傑作。
c0092710_15563755.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2013-12-14 15:57 | 映画 | Comments(0)

清須会議…★2

織田信長の跡目を決める会議の話なのでどう考えても面白くなるはずも無いのだがやっぱりつまらなかった、ということ。キレのあるギャグ・トークも散見されるものの、長い尺でずっとひきつけるだけの力は無く何とも冗長な出来。この題材ではどんなキャストでも。。
c0092710_230289.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2013-12-04 23:01 | 映画 | Comments(0)

CAPTAIN PHILLIPS (キャプテン・フィリップス)…★5

主役は文句無く海賊=ソマリア人。トム・ハンクスは良いが、正直「リアルに普通なおじさん」であった。緊張感を極限まで高めているのは海賊のほう。あの顔・体・眼・喋り方。どう見ても「本物」。画面からほとばしる富める者・国への怒り、貧困への怒り。盗むのが当然、という傲然。彼らの蛮行は眼に余る酷さだが理不尽の一言で片付けられぬ貧しき者のリアリティが胸に迫る。強富国アメリカの象徴の如きトム・ハンクスが終盤は彼らの引き立て役に見えて来る。ダレるところ一切無し。極限ヒーローものと思って観に行き良い意味で裏切られた。
c0092710_22445330.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2013-12-02 22:45 | 映画 | Comments(0)

かぐや姫の物語…★3

出だしはユルユルと。そのまんま「まんが日本昔話」の世界でこの調子で2時間はキツいなと思ってたら中盤以降、かぐや姫が都に入るあたりからがなかなか面白くなる。脇役のヘンテコリンキャラが充実、疾走感ある・表情豊かなアニメーション。個人的にはラストの「お迎え」の演出が奇麗だったのが印象に残る。ただ話そのものは(当たり前かもだが)ベースに忠実なので大人のワクワク感は希薄なのは仕方無い。(「風立ちぬ」よりはかなりマシ)
c0092710_22325465.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2013-11-29 22:34 | 映画 | Comments(0)

THE FAMILY (マラヴィータ)…★4

予告編は全く面白くなさそうだったが本編は意外にイケていた、という最近には無いパターン。どうやって終わらせるのか?と考えながら観ていたら(いくらコメディーと言ったって)眼に余るご都合主義な展開に少々ズッコケるものの、そこは流石にこのキャスト、最後迄笑わせてくれる。個人的にはデ・ニーロの「妄想」シーンがツボ。
c0092710_15202110.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2013-11-24 15:22 | 映画 | Comments(0)

THE COUNSELOR (悪の法則)…★3

邦題の意図がよくわからないが、まあ「悪」ばっかり出てくることは間違いない。どこまでも追ってくるカルテル=組織が非常に不気味。誰が何をどう企んでいるのか、前半の展開がやや拡散気味なのだが後半は腑に落ちる。平均的なクライム・サスペンス。
c0092710_15471172.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2013-11-17 15:48 | 映画 | Comments(2)

CARRIE ( キャリー)…★3.5

キング好きなのに何故か未見のキャリー・オリジナル版。ストーリーも判ってるしなあ、と、なんとなく縁が無く本作品が初めてキャリー。クロエが普通に可愛いくイジメっ子のB級女優陣を圧倒。どっちが"freak"(キモい)なんだって!?(苦笑)大団円はなかなかの迫力で、復讐なるのはわかっていてもそれなりにカタルシス。このストーリーで今時の感覚だと直球ホラーとまでは行かないがクロエの可愛さ・可憐さと終盤のギャップでそこそこ楽しめる作品。
c0092710_2149243.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2013-11-16 21:50 | 映画 | Comments(0)

TRANCE (トランス)…★4

読めないラスト。久しぶりにちょっと「ヤラレタ」と思った。主人公も強奪一味も小粒感が否めないというか、各々のキャラクターが薄味なので感情移入しずらいのが難ではあるが、話そのものは面白く最後迄飽きず、ちょっとドキドキしながら観られる秀作。
c0092710_2257258.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2013-11-11 22:58 | 映画 | Comments(0)

JOBS (スティーブ・ジョブズ)…★1

映画の枠でジョブズの生涯というのも相当無理があると思いながら期待せず観たがヤッパリ、という印象。冒頭のiPodプレゼンシーンから素人のモノマネを観させられている気分。わざわざ別人の俳優をたてなくても実写映像を紡いだドキュメンタリームービーのほうが遥かに感動を呼ぶ作品を作れたのではないかと。本人が観たら「シット」と言うんだろうね。。
c0092710_0193615.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2013-11-10 00:23 | 映画 | Comments(0)