人気ブログランキング |

DON'T BREATHE (ドント・ブリーズ)...★4

東京楽天地優待鑑賞。感想↓
c0092710_20390016.jpg




盲目の退役軍人宅に押し入った三人組。相手は一人暮らしで楽勝と思いきや意外な反撃どころか地獄を見る羽目に。予告編の印象でお化け屋敷コケ脅し系を予想していたが見事に(良い意味で)裏切られる。そもそも強盗目的で忍び込んでいるので三人組は何をされても文句は言えない上にましてや被害者は盲目とくれば恐怖のどん底で思い知らせるべしと思うところだが、その内に退役軍人の意外な一面が明らかになり観ている方はどっちにも感情移入できない混乱?状態。冒頭の意味不明な伏線シーンも終盤できっちり回収してくれて最後は腹落ちる。B級佳作。
by hatcho_bori | 2016-12-27 20:38 | 映画 | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : https://hatchobori.exblog.jp/tb/26271205
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ここなつ映画レビュー at 2016-12-28 14:04
タイトル : 「ドント・ブリーズ」
「20年に1本の恐怖の作品」という謳い文句。じゃあ20年前ってどの作品を指すの?などと野暮なことは聞かない。確かに怖くて思い切り異常。デトロイトからカリフォルニアへ出て行きたいと願う男女3人が、その手段として強盗で得た金を使おうとする。これが最後、の押し込み先は、イラク戦争で負傷した盲目の元軍人の家。デトロイトの中でも過疎化しているその地域、目的の家の周りは全て廃墟で家主は娘を事故で亡くして一人暮らし。事故の慰謝料をたんまりと持っているらしい。そして盲目なのだから、ことは楽勝のはずだった。だが…。い...... more
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 海賊とよばれた男...★3 帝王→覇王に昇格 >>