SAMI BLOOD (サーミの血)...★3

土日のどちらかを観劇してしまうと映画日程がキツく?なってくる。今後はWヘッダーで回すことが多くなりそうだ。一本目の感想↓
c0092710_16513621.jpeg




スウェーデン・ラップランドの少数民族少女が自力で家族から離れて独立するまで。進学を希望する少女に「貴女の脳では適応ができないい」と言い切り、まるっきりの珍種扱い。大戦前の話とは言え、リベラルなイメージがある(あくまでイメージだが)北欧でここまでの苛烈な差別があったとは、の驚きの話。少女の意志力・目力に注目。
[PR]
by hatcho_bori | 2017-09-24 17:05 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hatchobori.exblog.jp/tb/27697298
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 9/11 (ナインイレヴン 運... 松竹新喜劇 新秋公演で演舞場@お初 >>