人気ブログランキング |

新春浅草歌舞伎 第1部

連日の浅草、昨日に続き第1部。ド定番演目:義経千本桜と元禄忠臣蔵。感想等↓
c0092710_15235844.jpg




開演前、昨日の2部同様、出演役者の年始お年玉挨拶。本日は米吉。舞台しか知らないので素顔・素の喋りは初めてだが舞台・女形の可憐な印象とは良い意味で裏腹。プログラムの本人コメント通り普段は饒舌な青年であるらしく話が上手くて(失礼ながら)喫驚。で、一本目の演目は『義経千本桜 鳥居前』。ド定番と言いつつ私は初鑑賞なのだけれど、中村隼人・萬屋の荒事初挑戦が(偉そうで申し訳ないが)初々しくて宜しい。荒事=赤の隈取り・筋肉隆々スーパーマンの登場、ね。この演目も歌舞伎を観続けていれば何度も観ることになるのだろうけど、あの時隼人が演じた源九郎狐と比べて、みたいな目線で観ていくことになる。歌舞伎は「積層系」の趣味とはまたまた成毛眞氏の弁だが至言と思う。ネタバレし、筋は分かっていても演者の組み合わせやパーソナリティーで無限の楽しみ方が出来る、と。
c0092710_15262489.jpg
二本目は『元禄忠臣蔵 御浜御殿綱豊卿』。『元禄』は去年の吉例・夜の部で高麗屋の『大石最後の一日』を観ているが、本日の話は遊興三昧の大石内蔵助も吉良も出てこない台詞劇。後の六代将軍・家宣となる綱豊卿(=松也)と赤穂浪士の助右衛門(=巳之助)が対峙、討ち入りの意思有りやを問う綱豊と仲間を裏切れない助右衛門の緊迫した掛け合い。動きが無いと睡魔が襲ってきそうだが(事実、周囲に船漕いでいる人もちらほら)、個人的には最後まで手に汗。尾上松也の男気溢れる将軍の器は歌舞伎様式美の極みだが巳之助の忠義・魂の叫びは何やら現代劇風な感もありこの辺りが書かれて歴史が浅い(と言っても百年前)新歌舞伎の味か、なぞ思って大詰めへ。綱豊の寵愛を受ける中臈役で出演の米吉丈、冒頭の挨拶とのギャップが...。昨日に続く可憐花。
c0092710_15374542.jpg
本日のポジションは、1階せ列39番。公会堂、1階席の上手・一番端は椅子二列になっている。最後列から三つ目の通路側。行く前はちょっと端っこすぎるかしらん?と思っていたが考えてみればいつも歌舞伎座では桟敷で観ているし位置関係は大差無い。このポジションでも上手・下手、舞台で見切れる部位は無く全体がよく見渡せる。強いて言えば下手に居る役者を見るときに左手に座って居る人のヘッドが気になる位だが概ね悪くは無い。演目の選び方や幕間・イヤホンガイドのビギナー向け解説・歌舞伎座に比べて1時間短い3時間コース・安い観劇料など、初生歌舞伎にはここが良いのかも。
c0092710_15571242.jpg




第2回プラチナブロガーコンテスト



by hatcho_bori | 2018-01-14 15:26 | 歌舞伎 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hatchobori.exblog.jp/tb/29116961
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< シネマ歌舞伎 京鹿子娘五人道成... 新春浅草歌舞伎 第2部 >>