I, TONYA (アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル)...★4

これもちょっと楽しみだった一本。一瞬、ハーディング本人が出てるのかと思っちゃった...そんな訳無いが。感想↓
c0092710_13212803.jpg




そう、冒頭、トーニャ+母+元旦那が登場、当時を振り返るインタビュー映像で始まるが「あれ、トーニャ・ハーディング、今でもこんなに綺麗なんだ」って一瞬勘違いするがそんな訳ない。とは言え25年前と現在のトーニャを演じる女優マーゴット・ロビー(1990年生まれ)はとても上手・存在感あり、はすっぱなんだけど直向きなハーディングを演じ切った感。騒動のディティールは忘れていたが事実は小説よりもを地で行くお話を臨場感満点で再現、けっこう笑えた。
[PR]
by hatcho_bori | 2018-05-12 13:53 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hatchobori.exblog.jp/tb/29489291
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 團菊祭五月大歌舞伎 十二世市川... THE POST (ペンタゴン... >>