終わった人...★3

日程的にこれが楽天地シネマズ、ラスト鑑賞かな。長い間お世話になりました。

レトロな雰囲気、決して嫌いじゃなかった。で、本日は(個人的)オーラスを飾るのにふさわしい一本。感想↓
c0092710_12293428.jpg




原作本は面白くって二回読んだが、忠実に映像化した印象。前段のIT企業顧問就任までの主人公の焦燥感描写はいまいち浅い感じがしたけど映画の尺を考えると致し方無しかな。

舘ひろし好演だけど老いらくの恋に落ちてしまうカルチャースクール受付嬢の久里役のヒロスエさんは小説のイメージドンピシャの蠱惑的寸止めで花を添える。

改めて鑑賞すると中々のジェットコースターぶりで本を読んでなかったら★4だったかも?

孤狼の血も良かったし東映作品なかなかやるね。

[PR]
by hatcho_bori | 2018-06-09 12:48 | 映画 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hatchobori.exblog.jp/tb/29545071
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 六月大歌舞伎(夜の部) IPO >>