六月大歌舞伎(夜の部)

六月大歌舞伎も夜の部から。演目は二つでいずれも夏祭りを絡めて更に二つ目の演目は怪談で夏らしい。感想等(今回からおこがましくも完全主観評価ポイント制導入)↓
c0092710_07231952.jpg




開場は16:05。開演16:30。暑くなってきたので歌舞伎座前に並ぶのはちょっと辛くなってきた。イヤホンガイド放送が開始するのは大体開演15分位前なので別に急ぐ必要は無し。

<夏祭浪花鑑(なつまつりなにわかがみ)>16:30-17:14〜幕間15分〜17:29-18:55
武家(浜田家)の放蕩息子を物語の縦軸にして、浜田家に世話になった俠客たちが今は浪々の身の上である放蕩息子(種之助)を助けようと奔走すると言う話。

歌舞伎で「俠客」と言えば強きを挫き弱きを援くの市井ヒーローであり本狂言では三人の侠客(吉右衛門・歌六・錦之助)が弱き側の放蕩息子とその種之助が身請けした傾城・琴浦(米吉)を援け、強き側・悪者で琴浦に横恋慕する同じ浜田家家中の侍一味から二人を守る流れ。

序幕の吉右衛門丈のむさ苦しい罪人→いなせな・颯爽浴衣姿への変身、敵役侍とのおかしみのある立ち回り・錦之助丈とのかっこいい系立ち回り(こう言うのを『錦絵のような』と言うのがイヤホンガイドのパターン)とか歌舞伎らしい歌舞伎。

二幕目、侠客・歌六丈の女房が雀右衛門丈(錦之助の女房)に放蕩息子を預ってくれと頼んで承知すると、今度は歌六丈が「お前は色気があり過ぎて何か間違いがあっては大変」と反対するオイオイな展開。

更にそこで雀右衛門丈は「気概」を見せて魚焼きを顔に押し当てわざと火傷・これでもう色気は無いから大丈夫でしょうと言うオイオイオイなリアクションで筋書で読んだときは何じゃこりゃなんだけどこれも歌舞伎。主君の子を守るため我が子の首を差し出すとか極端なデフォルメのパターンを楽しめるようになってくると「通」なのかな。

大詰は、琴浦を敵役の侍に渡して金をせしめようとする強欲な舅を吉右衛門丈が遂には殺めてしまう所謂「殺し場」。相手はお爺さんなんだから一太刀でバッサリ...行かずに、舅は親も同然、その親を殺さねばならないのかの葛藤を演技に凝縮した様式美を楽しんで幕。

分かりやすさ・・・★3(誰が誰の女房とか人物関係は少なくも頭に入れてから見物すべし)
歌舞伎らしさ・・・★4
総合・・・★3

<巷談宵宮雨(こうだんよみやのあめ)>〜幕間30分〜19:25-21:10
強欲・生臭な爺坊主が甥っ子宅に居候、金銭で揉めて殺され化けて出ると言う怪談仕立ての世話狂言。

序幕、これまた強欲で爺坊主を世話する太十=尾上松緑登場。関係無いが松緑丈の「綺麗な足」に目を奪われる。歌舞伎役者の足は綺麗ですな。失礼ながら、出番の多い若手の中でいまいち印象が薄かったがこの狂言では目力・存在感・迫力十分で爺坊主の娘を金に困って爺医者に妾奉公で売り飛ばしちゃう位。

その娘=児太郎丈、爺医者が嫌で再々逃げ帰って来ていて、今度は隣の家に帰ってきてたのを松緑おじさん、なだめてすかして最後は脅して追い返す。ここも迫力。台詞からはそこまでは判らないがイヤホンガイドではもっと際どい話も。そこまでやるかと。

そして芝翫丈の老けメイク...。志村けん的、と言うと分かり易いかも。松緑の女房雀右衛門丈の胸に触ろうとしたりとかどうしようも無い生臭坊主なんだけど売られた(ことを知らない)娘の身の上を案ずる憎めない一面も。そんな爺坊主が寺の庭に埋めた百両を太十に掘り返してきてくれと頼む。

二幕目は掘り出してきた骨折賃で三十両は貰えるはずと根拠なくほくそ笑む太十と爺の掛け合いが楽し。爺のとぼけぶり・弱ったふりは芝翫見事。

大詰、毒殺されて化けて出た爺だが蚊帳から出たり入ったりや橋の袂とかのお化け演出はおかしみとおどろおどろしさMIXの怪談仕立て。丸太橋ラストは絵になる。

分かりやすさ・・・★5
歌舞伎らしさ・・・★3
総合・・・★4(イヤホンガイド無くても分かるが裏話が面白いのであった方が良し)

※とりあえずアップして後で気づいた点があれば修正します
c0092710_07271782.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2018-06-10 07:30 | 歌舞伎 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hatchobori.exblog.jp/tb/29546511
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 50回目のファーストキス...★2 終わった人...★3 >>