人気ブログランキング |

今年の初歌舞伎@壽 初春大歌舞伎(夜の部)

今年初歌舞伎は歌舞伎座・夜の部、松竹株主優待使って奥さんと。

昼夜どっちを一緒に行こうか一瞬悩んだけど夜の部は連獅子あるし、中村屋の世話物が女性ウケしそうだったので夜の部選んだのが正解。

最初の演目『義経腰越状 五斗三番叟』はひたすら眠かったが、『連獅子』で覚醒。去年十一月高麗屋連獅子と比べながら見物してた。やっぱり迫力あって満足。石橋を模した舞台の使い方とか高麗屋バージョンと違う澤瀉屋テイストを楽しむ。成田屋/中村屋バージョンも見てみたし。團子くんが成長していてびっくり。

キリは『鰯賣戀曳網(いわしうりこいのひきあみ)』。イワシ売りの猿源氏=勘九郎が傾城蛍火=七之助に一目惚れ。相手は大名道具の傾城でイワシ売りでは相手にされぬと大名に化けて蛍火に近付く猿源氏。案の定、芝居であることは露見して...と言う喜劇だけど原作は何と三島由紀夫。

三島作品なればこその複雑な展開があるかと思いきや超ド直球・解説不要の爽やか楽しい狂言で今年初笑い@歌舞伎座。

筋書見ると、ずっとお父さん=勘三郎丈=猿源氏+玉三郎でやってきた演目なんだね。歌舞伎は続いていく。今年も来年も。
今年の初歌舞伎@壽 初春大歌舞伎(夜の部)_c0092710_18481605.jpg

by hatcho_bori | 2020-01-14 21:55 | 演劇株主優待 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hatchobori.exblog.jp/tb/30671292
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

<< 松竹の演劇事業不振が気になるけ... FORD V FERRARI/... >>