人気ブログランキング |

カテゴリ:歌舞伎( 100 )

秀山祭九月大歌舞伎(昼の部)で『極付幡随長兵衛』三回目

秀山祭、昼の部はチケット購入して見物。

最初の演目『極付幡随長兵衛』は生歌舞伎二回目で見物して一発で気に入った大好きな演目。今年の新春海老蔵歌舞伎でもかかっているので今回で三回目。因みに主役は「幡随院長兵衛」なんだけど、タイトル七文字にするために「幡随長兵衛」と短くしてるんだって。イヤホンガイド豆知識。

市井のヒーロー・長兵衛と悪玉旗本・水野十郎左衛門対決の構図。吉右衛門の当たり役で私が最初に見たのも吉右衛門=長兵衛で水野=染五郎(現幸四郎)だった。今回は長兵衛=幸四郎、水野=松緑のフレッシュな組み合わせ。

客席からの出で横暴な水野子分を諌める最初の見せ場も含めて決して悪くは無い。悪くは無いのだけれど、何かが足りないような。敢えて言えば「重さ」かなあ。まだ「若い」なんて思っちゃったよ偉そうに汗

二幕目は舞踊『お祭り』で中村梅玉・中村魁春。魁春兄、筋書の写真は因みに何年前のものですかな?はおいといてお祭りムードを盛り上げて。

キリの演目は『沼津』。「曽我兄弟仇討ち」「赤穂浪士の仇討ち」と並んで三大仇討ちとされる「伊賀越の仇討ち」全十段の一部。前半、呉服屋十兵衛=吉右衛門と平作=歌六の荷物担ぎ、客席練り歩きの笑わせどころから終盤は一気にシリアスな展開。

伊賀越仇討ちに馴染みが無くって最後のグサリ含めて(寝はしなかったが)ちょっと幽体離脱してた。

十兵衛が持っていた印籠の持ち主・股五郎は平作娘、お米の旦那の仇。股五郎は十兵衛の元主人...なんだっけとか考えてたらこんがらかってきた。

とにかく、十兵衛は義理堅くって親子と主従の間で板挟みってことでOK?筋書で予習しててもよく分からんかったのデス。まーこの演目も、秀山祭・他でいつかまた見るんでしょうから二回目になれば分かるでしょーと言うことで。

定番演目は必ずまた観る機会があるからこの次にどう感じるか。歌舞伎は気長に楽しむものよ。
c0092710_07583197.jpg
c0092710_07590561.jpg
c0092710_07593650.jpg

by hatcho_bori | 2019-09-08 18:49 | 歌舞伎 | Trackback | Comments(0)

今月は松竹・歌舞伎座W予約の月

10月は松竹・歌舞伎座両方優待があるのでW予約・チケット購入はしない月。

いつもの通り10/1→松竹、10/2→歌舞伎座の予約。どっちも選べる日程は同じ。ただ選択できるブロックが異なる(多分)。

二席もらえる松竹は奥さんと行くから愛之助未見・眞秀くんが見たいと言うことで昼の部を選択。毎月歌舞伎に一緒に行くことが恒例になった。本当に良い優待だ。

個人的には三人吉三の通し狂言は初めてなんで夜の部が楽しみ。
c0092710_19565476.jpg

by hatcho_bori | 2019-09-03 06:45 | 歌舞伎 | Trackback | Comments(0)

シネマ歌舞伎 グランドシネマ日本橋...★2

歌舞伎じゃないんだけどシネマ歌舞伎スタンプラリー対象。

恐れていた通り?かなりの時間舟を漕いでしまった...。玉三郎と高橋京子が日本橋の名妓。火花を散らす(散らしてたかな?)。

泉鏡花・戯曲ものはやっぱりちょっと苦手。
c0092710_08365277.jpg

by hatcho_bori | 2019-09-02 08:44 | 歌舞伎 | Trackback | Comments(0)

八月納涼歌舞伎(第二部)

c0092710_22345178.jpg
納涼歌舞伎はまず第二部から。東海道中膝栗毛の第四弾。去年で終わり、みたいな感じだったけど発売即時全席完売の人気狂言を松竹が捨てる筈もなく、実は去年までの話は全部夢だったってーことでリスタート。

序盤強烈な睡魔に襲われたけど、序幕終盤の「女殺油地獄」パロディのトロロ地獄の場で覚醒、最後の本水立ち合いも納涼歌舞伎らしくて良いね、と言うことでそれなりに満足の内容。

去年まではなんかエクストリームなおちゃらけ路線に振ってたけど今年は破茶滅茶はキープしつつ真っ当な?歌舞伎になってた感じ。来年以降も定番化、と。
c0092710_22353327.jpg

by hatcho_bori | 2019-08-11 08:33 | 歌舞伎 | Trackback | Comments(0)

松竹歌舞伎会 特別会員ステイタスに「仮」到達

昨日は松竹歌舞伎会特別会員のチケ予約開始日。九月秀山祭は松竹優待で夜の部(奇数日)を押さえているんだけど、勧進帳は奇数・偶数日で俳優が変わるので昨日は偶数日の方を予約、と。勿論、昼の部も。

これで今年の歌舞伎会獲得ポイントは13Pになり、今月加算予定の会員継続ポイント1Pを合わせると特別会員ステイタスに何とか到達。

今年分のポイント付与は11月公演までだけど、10月、11月は松竹・歌舞伎座両方の優待割当があるので奥さんの分含めてチケット購入予定無しだからギリだった。

歌舞伎会ポイントの為に熱海五郎一座まで観に行ったからね〜(結構楽しくて悪くなかったんだけど)

観劇回数考えればゴールド会員も余裕で到達の筈なんだけど松竹・歌舞伎座優待フル活用してるから来年以降も特別会員ステイタス確保は薄氷の予感...。
c0092710_08145935.jpeg

by hatcho_bori | 2019-08-10 08:35 | 歌舞伎 | Trackback | Comments(0)

九月大歌舞伎は三回行こう

本日は松竹の演劇優待予約日。九月は二席の配分。今回はflash対応のWindows PCで予約しましたよ。で、勧進帳は奇数日・偶数日で配役を変えてきた。弁慶は毎日やるの大変だから交互配役で丁度良し?これは両方見なくてどうするよと。

優待で奥さんと行く分は仁左衛門なので幸四郎の方は購入予定。勿論、昼の部もね。幡随長兵衛は今年の海老蔵正月公演で奥さんと見てるしやっぱり勧進帳は一度は見物してもらわないと、なぞ言う「コーチングモード」。

そう言や幡随長兵衛は二年前の九月大歌舞伎でもかかってた。あの頃は訳も分からずとにかく一番値段が高い席=一階桟敷で見物してたなあ。寺子屋も二回目・勧進帳は三回目で段々歌舞伎知識が増えていくのが楽しくなってきた。
c0092710_20214396.jpg

by hatcho_bori | 2019-08-01 20:34 | 歌舞伎 | Trackback | Comments(0)

七月大歌舞伎(夜の部) 『命懸けの十三役早替り』

海老蔵急病で休演もあったけど私の観劇日は無事開演。楽しみにしていた『通し狂言 星合世十三團 成田千本桜』。

義経千本桜を大胆に脚色した新作通し狂言。「主役」の知盛・権太・忠信三役は勿論、その他の主要人物を全て、義経以外の役は全部海老蔵がやったみたいな感じ。

歌舞伎の早替りは去年の十二月大歌舞伎で壱太郎の七変化を観ていてその入れ替わりの巧みさに舌を巻いたけど今回の海老蔵早替りは何度も絶句。正味4時間以上の上演時間で出ずっぱり・早替りしっ放し(と言う表現も変だが)。おまけに宙乗り二回。これでもかの見せ場連打にもう最後の方は笑えてきちゃったよ。

見物客の想像力を遥かに超えて行く・ここまでやるかの究極のサービス精神。

急病休演明けでご本人は決して本調子では無かったと思うのだけれどそれを感じさせない超人的な舞台。歌舞伎界を背負う本人の気概・執念は勿論、自分以外の何かに衝き動かされて演じているような。

幕が引かれて十三役をCGでおさらい、ラストの海老蔵裃挨拶・満開桜吹雪に至ってはもう朦朧・ジーンとして言葉も無く。ただただ凄いものを見ちゃったな、と。

ご本人も生傷が絶えないと仰っているがこれを毎日毎日リピートするその体力・気力・精神力には本当にリスペクトの一言しか無い。「命懸け」の言葉は決して大袈裟には聞こえない。

昼の部同様、やっぱり歌舞伎っていいなあと改めて思った一夜。
c0092710_17170805.jpg

by hatcho_bori | 2019-07-23 10:48 | 歌舞伎 | Trackback | Comments(0)

七月大歌舞伎(昼の部) 『外郎売』を見物して来た

...世の中的にはオリンピックのチケットどーやって買うか(当てるか)が話題らしいがオリンピックもラグビーW杯もどっちも興味無く、團十郎襲名興行チケットいいとこ買えるかなだけが私的2020の悩み。

七月大歌舞伎はやはりカンカンくん登場の『外郎売』がある昼の部が人気でチケ松は早々にsold out。優待の設定日も少な目だったので優待見物は夜の部にして昼の部は購入。(現時点では夜の部含めてsold out)

東銀座駅の改札を出ると早速お出迎え↓。続き↓
c0092710_05405130.jpg


More
by hatcho_bori | 2019-07-10 21:08 | 歌舞伎 | Trackback | Comments(0)

シネマ歌舞伎 天守物語...★2

泉鏡花原作。歌舞伎感は低めのファンタジー・恋愛もので去年観た海神別荘みたいな感じで個人的にはちょっと苦手な分野。

前日のゴルフ疲れもあり、途中何度も睡魔に襲われる。月一歌舞伎、とりあえず皆勤賞狙いで全部観てるが、もうちょっと歌舞伎ぽいやつが好み。
c0092710_08235344.jpg

by hatcho_bori | 2019-07-08 08:29 | 歌舞伎 | Trackback | Comments(0)

六月大歌舞伎(夜の部・三谷かぶき)

今月夜の部は三谷幸喜作・演出の「三谷かぶき」でいつもの六月よりは人気ある模様。こういう演目は一回限りの文字通り一期一会だからということもあるのかな。今回は優待でなくチケット購入したけどWeb松竹に上手く繋がらず思った席取れず...。

原作は長く連載されている「風雲児たち」。全然知らなかったけど、今回舞台化されるエピソードは江戸時代、嵐で遭難・漂流してアリューシャン列島の孤島に漂着した船乗り達がロシアの大地を彷徨い、遂には女帝エカテリーナと帰国交渉直談判と言う奇想天外にも思える実話。

主人公の大黒屋光太夫を松本幸四郎が勤めるなど高麗屋を中心に猿之助・愛之助などを配した座組でGO。続き↓
c0092710_16494846.jpg


More
by hatcho_bori | 2019-06-12 06:34 | 歌舞伎 | Trackback | Comments(0)