<   2018年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧

SICARIO: DAY OF THE SOLDADO (ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ)...★4

ヴィルヌーブが監督した前作も良かったけど続編の本作も全編に亘りヒリヒリした緊張感に溢れた上質なサスペンスに仕上がっている。

肝心のカルテルが下っ端以外はほぼ姿を見せずにステルス威圧感を与える演出も上手い。流れ的にシリーズ化されるみたいなので次作も楽しみだ。
c0092710_22050908.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2018-11-30 22:13 | 映画 | Trackback | Comments(0)

人魚の眠る家...★3

年末ラストスパート、三本連荘。

一本目は今期松竹入魂の?『人魚の眠る家』。事故で脳死状態になった娘の死を受け入れられない母(篠原涼子)。意識は無くとも神経への直接電気刺激で四肢を動かす禁断の技術を頼みにして「まだ生きている」と。

最後はちょっとあんまりだ感はあったが、母役篠原涼子はまずまずの熱演。でもヒットの予感は無いなあ...
c0092710_21553636.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2018-11-30 22:02 | 映画 | Trackback | Comments(0)

ちょっと楽しくなっちゃった一日。

今年5ラウンド目。と言っても最初の二回は薄暮ハーフなのにヘトヘト。三回目は18H、ほぼ終日雨でこれも疲労困憊。

先週四回目は友人とセルフ18H、終盤で少し調子出たけどまだまだで今回。仕事なのでちゃんとしなくちゃと朝六時に練習場で練習してから(真面目にやりすぎと自分でも思う)7:45スタート。十一月下旬は例年寒いのだけれど当日はピーカン・ポカポカで爽やかラウンド。

毎週レッスンの効果もありティーショットはそこそこ当たって気分良し。先週136から今週はキャディー付きで135...。スコアは一点だけの改善だけど気分は良かったな〜。

ちゃんと当たると気持ちいい。当たり前だけど。

120切り目指し冬場も週一打ち込んでみようかと。
c0092710_23123814.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2018-11-29 23:22 | ゴルフ | Trackback | Comments(0)

にわか?落語好き

4月から始まった車通勤。最初の頃はFMラジオ聴いてたが直ぐと飽きる。モーツァルト。良いのだけどちょっと違う。音楽なんてすっかり聞かなくなっちゃったしなあ...。

と、言うことで何を聴こう?と思った時ふと思い出した成毛眞氏曰く「聴いたことが無いなら損をしている」と言う志ん朝師匠の落語。ただ、初心者ゆえ何を聴いたら良いのか皆目分からないので、取り敢えずBOXセット買うか〜&今年歌舞伎で見物した『芝浜』が入っていて&東宝だし、と言うことで選んだやつがこれ↓

実は以前にも落語にトライしようとしてお父さんの志ん生師匠のCDをiPhoneに落として聴いたことはあったが古い録音と滑舌の関係?でどうにも聴き取りずらく直ぐと聴かなくなってしまったことがあったのだけれど志ん朝師匠の噺は実に聴き易い。リズムが良い。そして面白い。

あっという間に虜になり次なるBOX「志ん朝初出し」を追加。当面は単発CDで末だ聴いていない噺を追加していこうと。
c0092710_09405229.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2018-11-23 09:59 | その他 | Trackback | Comments(0)

吉例 顔見世大歌舞伎(夜の部)

松竹の優待、一月は二席割当だけど十二月に続き歌舞伎座の割当。ラッキー。昨年同様、一月は浅草公会堂も新橋演舞場も行くんだけど浅草はチケット代半額だから優待は歌舞伎座の方が有難い。

浅草新春歌舞伎は本日無事に席確保。来年からは「特別会員」にランクアップするのでもうちょい良い席選べることを期待。

で、一昨日見物した顔見世、夜の部。先週とほぼ同じ場所、一列後ろ。メインは法界坊なんだけどね....。続き↓
c0092710_21245729.jpg


More
[PR]
by hatcho_bori | 2018-11-19 20:22 | 演劇株主優待 | Trackback | Comments(0)

シネマ歌舞伎 ふるあめりかに袖はぬらさじ...★5

舞台は尊皇攘夷で揺れる幕末、横浜の遊郭。

その遊郭で病に伏せる遊女・亀遊(七之助)を気にかける芸者お園(玉三郎)は、亀遊と恋仲・亀遊を案じて通ってくる通辞・藤吉(獅童)の二人の仲が良いのを弄り倒す場面で幕開き。

玉三郎丈がこんなに沢山喋る舞台は初めて観るが、やや蓮っ葉な手管の芸者然とした話術と佇まいの妖艶さに「玉三郎さんてこんな人だったの」な思いと共に一気に話に引き込まれる。

亀遊を見初めた異人(彌十郎。意外と英語がうまい)は身請けを遊郭主人(勘三郎)に持ちかける。開港した横浜、日本との交易で儲けた異人が遊郭にも来るが「異人向け遊女」は成り手が限定されて、醜女ばかりのところへ亀遊が掃き溜めになんとやらだった。通訳・獅童を挟んでの彌十郎・勘三郎の掛け合いが絶品・爆笑。

然し乍ら商談成立で身請けが決まった亀遊は異人に抱かれるくらいならと自ら命を断つが、この話がどう言うわけか「天晴れな攘夷女郎・亀遊」に仕立てられ、攘夷派・武闘派の侍たちがこの遊郭を詣でる流れに。

サアここで玉三郎登場、亀遊自害を攘夷風に語っていく下りは正に至芸。笑いと感動。傾城の対局みたいなこう言う役もこなせる玉三郎丈はやはり凄いなあと。十二月大歌舞伎が今から楽しみだ。
c0092710_17505050.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2018-11-18 18:22 | 歌舞伎 | Trackback | Comments(0)

VENOM (ヴェノム)...★3

錦糸町で。

吹き替えは獅童丈がやったと聞きそっちにも興味あったが字幕で。途中までは割とスリリングで良い感じ。ただ、「残虐」でも無いし「邪悪」でもなく、勿論全く怖くなくただひたすらにコミカル。

主人公とヴェノムの掛け合いが面白い。伊勢海老の踊り食い?もね。
c0092710_09105464.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2018-11-15 09:22 | 映画 | Trackback | Comments(0)

吉例 顔見世大歌舞伎(昼の部)

今月は顔見世なんで櫓が立っている。一年早いなあ。歌舞伎座の優待割当。感想等↓
c0092710_15470136.jpg


More
[PR]
by hatcho_bori | 2018-11-10 16:29 | 演劇株主優待 | Trackback | Comments(0)

スマホを落としただけなのに...★3

二段落ち、三段落ちがあって興味は引っ張られるけど決して怖くはないな...。

終盤に回収ありまっせ!と大音量で叫びつつばらまかれる伏線に意外と心地よく乗せられてしまうのは北川景子の顔芸とも言うべき熱演があってこそ。

高橋メアリージュンの存在感。こんなOLいませんよ....に加え、トドメのラストは唖然の展開、ここまでひっくり返します?殺されかけても彼氏に自分で言うってアンタ...

え?しかもそう言われてそう来るとか突っ込みどころがありすぎて鑑賞後の評論トークには事欠かないデート好適ムービー。
c0092710_23574565.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2018-11-09 23:59 | 映画 | Trackback | Comments(0)

FAHRENHEIT 11/9 (華氏119)...★3

タイミング良く観てしまった(と言うかタイミング狙っての公開なんだろうけど)。

華氏911から119へ。オープニングのアニメは911から始まったアメリカの暴走がトランプ大統領を生み出す「民意」を形成してしまったのではと言うメタファーかな。

関係ないけどムーアおじさん老いた?と思って後で調べたら還暦過ぎてたか。ボウリングは2002年公開もう16年前か...。考えてみればこの人の作品、シアターで観たの初めてだ。

閑話休題でそのオープニング後、2016年選挙・当選のシーン。得意の演出、葬送曲なんだけど実際葬送曲がピッタリの今のトランプ氏からは考えられない暗さ。受かると思ってなくてスピーチ用意してなかったんだって(笑)。本当か?

トランプ大統領誕生の裏に民主のポカありと一くさりやった後は延々と「病んだアメリカ」描写でトランプからはちょっと乖離しラストはヒトラーとオーバーラップさせるコテコテのプロパガンダにやや食傷したがこれがこの人の持ち芸だから。

右も左もエクストリームはイカンということでしょう。中間選挙、良い結果だったのでは?
c0092710_20001192.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2018-11-08 20:11 | 映画 | Trackback | Comments(0)