人気ブログランキング |

<   2019年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

いちごの唄...★2

松竹映画優待ポイント半年480Pなので20P使いの新宿ピカデリーも気楽に?使えます。(丸の内や東劇は一回10P)

七夕、年イチ遭遇の男女、天の川ラブストーリー。現代の設定だが、いろいろ昭和。こういうアナログな恋を若い人は新鮮と思うのかな?
c0092710_20392686.jpg

by hatcho_bori | 2019-07-31 06:45 | 映画 | Trackback | Comments(0)

WELCOME TO MARWEN (マーウェン)...★2

過去のトラウマでドール遊び&写真の世界に逃避するようになった男性のお話(実話)。

ロバート・ゼメキス監督でちょっと期待してたけど前半は不覚にも船漕いだ....。

ドール世界と現実を行ったり来たりの趣向はちょっと面白いんだけど、話がシマラズ。最後、お約束の見せ場はあったけど...。
c0092710_07051166.jpg

by hatcho_bori | 2019-07-30 06:46 | 映画 | Trackback | Comments(0)

天気の子 Weathering with you...★5

雨が降り続く近未来東京から「晴れ女」の力で垣間見える束の間の晴天へ。その映像美に不覚にも涙。

降り続ける雨の中に浮かび上がる下界TOKYOの幻想・現実世界ディティールは「君の名は。」を超えてきている。そしてこの世ならぬ「天上界」のスケール感。

最近観たトイ・ストーリーの続編とは技術・テイストは全く異なるが「絵の力」と言う意味ではフルCGアニメはこの作品の足下に及ばない。

ストーリーは至って単純で「君の名は。」よりも分かりやすい、と言うか展開の予想がついてしまうと思う向きもあるかもだが、この単純な清々しさは現代人の疲れた脳を癒す素晴らしき「陳腐さ」じゃないかなとも。

このまま終わって欲しくないと久々に思えた映画。
c0092710_06463574.jpg

by hatcho_bori | 2019-07-29 07:02 | 映画 | Trackback | Comments(0)

七月大歌舞伎(夜の部) 『命懸けの十三役早替り』

海老蔵急病で休演もあったけど私の観劇日は無事開演。楽しみにしていた『通し狂言 星合世十三團 成田千本桜』。

義経千本桜を大胆に脚色した新作通し狂言。「主役」の知盛・権太・忠信三役は勿論、その他の主要人物を全て、義経以外の役は全部海老蔵がやったみたいな感じ。

歌舞伎の早替りは去年の十二月大歌舞伎で壱太郎の七変化を観ていてその入れ替わりの巧みさに舌を巻いたけど今回の海老蔵早替りは何度も絶句。正味4時間以上の上演時間で出ずっぱり・早替りしっ放し(と言う表現も変だが)。おまけに宙乗り二回。これでもかの見せ場連打にもう最後の方は笑えてきちゃったよ。

見物客の想像力を遥かに超えて行く・ここまでやるかの究極のサービス精神。

急病休演明けでご本人は決して本調子では無かったと思うのだけれどそれを感じさせない超人的な舞台。歌舞伎界を背負う本人の気概・執念は勿論、自分以外の何かに衝き動かされて演じているような。

幕が引かれて十三役をCGでおさらい、ラストの海老蔵裃挨拶・満開桜吹雪に至ってはもう朦朧・ジーンとして言葉も無く。ただただ凄いものを見ちゃったな、と。

ご本人も生傷が絶えないと仰っているがこれを毎日毎日リピートするその体力・気力・精神力には本当にリスペクトの一言しか無い。「命懸け」の言葉は決して大袈裟には聞こえない。

昼の部同様、やっぱり歌舞伎っていいなあと改めて思った一夜。
c0092710_17170805.jpg

by hatcho_bori | 2019-07-23 10:48 | 歌舞伎 | Trackback | Comments(0)

LE GRAND BAIN/SINK OR SWIM (シンク・オア・スイム イチカバチか俺たちの夢)...★3

万国共通、落ちこぼれ・だめんずな方々の大逆転(だけど予定調和な)ストーリー展開だけど、フレンチ中年男性とシンクロの組み合わせは新しく見えたな。
c0092710_17064949.jpg

by hatcho_bori | 2019-07-22 17:14 | 映画 | Trackback | Comments(0)

CHILD'S PLAY (チャイルド・プレイ)...★2

楽天地の方。

懐かしいBホラーのリメイク。オリジナルは人形に注入された(憑依した?)悪人の邪悪な魂が悪行をと言う設定だったが、新作はベトナム工場の製造ラインで工員が制御系のプログラムを解除したことが暴走の原因、と言うことでそこは今風。

なんだけど造形・トーク含めてチャッキーのキャラが弱いのと殺しにも工夫なくて後半は単調。

c0092710_16543691.jpg

by hatcho_bori | 2019-07-22 17:04 | 映画 | Trackback | Comments(0)

9月の演劇優待は

歌舞伎座だった。松竹MAX演劇優待は半期16席。内、歌舞伎が12席「らしい」。

今期は既に三越劇場・演舞場で新派公演4席割当あったので残り全部歌舞伎だと嬉しいな、と前回も書いた。

九月の演目・夜の部は寺子屋+勧進帳の黄金メニュー。勧進帳は仁左衛門と幸四郎が交互出演だから両方行かなきゃ。奥さんにも勧進帳見物して欲しいし。

・・・・とまあ、私的な都合はおくとして、15日から急病休演の海老蔵丈。一旦、18日から復帰、と発表したものの一転18日も休演に。

昼の部は代役立てられるが十三役早変わりの夜の部は流石に無理。本当に心配なんだけど自分の観劇日には間に合って欲しいなんて身勝手な思いが...
c0092710_18362489.jpeg

by hatcho_bori | 2019-07-17 18:56 | 演劇株主優待 | Trackback | Comments(0)

凪待ち...★4

同じ監督の『孤狼の血』も良かったけどこれも良作。

香取慎吾のギャンブルジャンキーぶりが半端無し。どこまで落ちる?どこまでも行ってやる、の破滅願望を露わにする郁男=香取の演技も鬼気迫るが、郁男を見捨てることなく手を差し伸べる二人に加えてノミ屋のチンピラと任侠親分など脇役も良く最後まで目が離せない。

最後アリャリャ?なシーンもあったが概ね楽しめた一本。
c0092710_17265156.jpg

by hatcho_bori | 2019-07-15 17:45 | 映画 | Trackback | Comments(0)

今度は早かった、神龍→風神に昇格

約三ヶ月で風神に昇格。今度は割と早かったな〜。一進一退も無く最後は一気。
c0092710_15534126.png
c0092710_15534771.png
c0092710_15535246.png

by hatcho_bori | 2019-07-14 15:57 | セガNET麻雀MJ | Trackback | Comments(0)

GODZILLA KING OF THE MONSTERS (ゴジラ キング・オブ・モンスターズ)...★2

途中で目がチカチカしてきちゃった。乗り物酔い?しそうな感じ。
c0092710_15265256.jpg

by hatcho_bori | 2019-07-14 15:32 | 映画 | Trackback | Comments(0)