人気ブログランキング |

タグ:テアトル新宿 ( 27 ) タグの人気記事

BANGKOK NITES (バンコクナイツ)...★2

東京テアトル株主優待割引鑑賞。公開二週目の週末だが満席。感想↓
BANGKOK NITES (バンコクナイツ)...★2_c0092710_16244781.jpg


More
by hatcho_bori | 2017-03-05 16:24 | 映画 | Trackback | Comments(0)

この世界の片隅に...★3

ようやく観た。感想↓
この世界の片隅に...★3_c0092710_22175195.jpg


More
by hatcho_bori | 2016-11-28 22:17 | 映画 | Trackback | Comments(0)

オーバー・フェンス...★3

感想↓
オーバー・フェンス...★3_c0092710_14315442.jpg


More
by hatcho_bori | 2016-09-22 14:31 | 映画 | Trackback | Comments(0)

花芯...★3

テアトル系、ハシゴ。半期32枚の優待は結構消化しがいがある。「子宮作家」って。。。観て納得。情念に燃える主人公を演じる村川絵梨が中々の迫力。「天城越え」を連想。
花芯...★3_c0092710_17171705.jpg

by hatcho_bori | 2016-08-20 17:17 | 映画 | Trackback | Comments(0)

ディストラクション・ベイビーズ...★4

ストーリーらしいストーリーは無く、殆どセリフを発しない主人公が周囲を目的の無い享楽的暴力の連鎖に巻き込んでいく。「え?そこに行く?まだ行く?」のハラハラヒリヒリ感がいつの間にか快楽へ、の危ない一体感を途中から感じてしまい、すっかり入り込んでしまった。やはり「理不尽さ」は映画エンタテインメントの大切な要素だと改めて実感。
ディストラクション・ベイビーズ...★4_c0092710_16543341.jpg

by hatcho_bori | 2016-05-28 16:54 | 映画 | Trackback | Comments(0)

モヒカン故郷に帰る ...★2

大作でもないのに比較的長く上映してたのでそこそこ面白いかと思い観に行ったが当てが外れ。放蕩息子が嫁を連れてやっと帰って来たら親父が癌。設定にそこそこヒネリはあるのだが意図した「涙と笑い」の後者がほぼすべっていて入り込めず。
モヒカン故郷に帰る ...★2_c0092710_23273943.jpg

by hatcho_bori | 2016-05-19 23:27 | 映画 | Trackback | Comments(0)

岸辺の旅...★2

逝ってしまった浅野忠信の足跡を辿る旅。旅の過程で浅野の素顔が見えてくる...筈なのだがその肝心な部分がいま一つ伝わってこないが故に残された深津絵里の情念の演技も不完全燃焼気味。
岸辺の旅...★2_c0092710_15524510.jpg


by hatcho_bori | 2015-10-18 15:52 | 映画 | Trackback | Comments(0)

炎628...★4

某映画館の「観ずに死ねるか」傑作シネマのリバイバル上映で初鑑賞。本作はむしろ「観たら死ぬ」と言って良い位の毒性を有するので鑑賞にあたっては体調の良い時が望ましい。。生理的な嫌悪感(を感じる人もいるだろうが)よりも精神的なダメージが大きい。迫害される少年の目に映るドイツ兵の楽しそうな様がとにかく異様。その少年自身が余りの苦痛に狂っていく様も異様。音楽・音響も異様で五感全ての不快センサースイッチが後半は連打されっ放しで終映時はグッタリ。「絶望シネマ」とはよくぞ言ったり。
炎628...★4_c0092710_20524876.jpg


by hatcho_bori | 2015-08-04 20:57 | 映画 | Trackback | Comments(0)

TATTOO[刺青]あり...★4+

某映画館の「観ずに死ねるか 傑作絶望シネマ」なるリバイバル企画で初鑑賞。三菱銀行人質事件については観る前から知っていたし、この映画も存在は知っていたが何せ古い映画なのでスルーしてきたものの「観ずに死ねない」まで言われたら観たくなる。発生が79年、映画公開が82年。記憶が鮮明だったから、というよりは、事件の内容が内容だけに籠城中の描写は無い代わりに、犯すべくして犯した犯人・梅川(作中では別名)の短い生涯を宇崎竜童が大熱演。大変失礼ながら本作以外の出演作品が思い浮かばず検索して出演作品群を確認しても知らない作品ばかり。。映画の神がこの作品でだけ降りてきたか、と言ったら言い過ぎ?奇矯・狂気な部分もありつつ、凶悪一辺倒ではない真人間な部分も。シーン毎に万華鏡のように変わる宇崎に見とれ、あっという間の107分。良作。
TATTOO[刺青]あり...★4+_c0092710_00182511.jpg


by hatcho_bori | 2015-08-03 23:58 | 映画 | Trackback | Comments(0)

きみはいい子...★3

フィクションとわかってはいても子供の虐待話は観ていて正直気持ちがのってこない。子役の演技がなかなか真に迫っていて余計にそう感じたかも。切ない。悪くない作品とは思うけど。
きみはいい子...★3_c0092710_14202915.jpg


by hatcho_bori | 2015-07-11 15:20 | 映画 | Trackback | Comments(0)