人気ブログランキング |

タグ:丸の内ピカデリー ( 35 ) タグの人気記事

ザ・ファブル...★3

岡田准一起用で松竹的には力が入る一本。

予告編が思いっきりギャグに振っていたので冒頭殺戮シーンにちょっと度肝抜き。このシーンに限らずアクションのレベルは結構高くて邦画としては頑張ってる方かな。

相変わらず?体格的(身長)なバランスの悪さが気になる主役に対して異彩な存在感を放っていたのは出所したてのチンピラ役柳楽優弥。切れ味鋭い狂気でこう言う系統の役、他でも観てみたいと思わせる。

・・・ただ売り?の主人公ギャグの方はややスベり気味で中途半端な感じも否めず。恐らく続編あるのだろうから自作ではその辺りも含めてレベルアップ期待か...と完全に株主目線。
c0092710_22305971.jpg

by hatcho_bori | 2019-06-25 06:21 | 映画 | Trackback | Comments(0)

居眠り磐音...★3

封切り直前に出演していたP氏が捕まって公開が危ぶまれたが差し替えで予定通り公開。(さほど違和感無し)

このお方↓の剣豪映画ってどうなの?と観る前は思っていたけど、出だしでいきなり主人公が凄い「影」を背負う展開で引き込まれる。敵役・柄本明の怪演が光ってるのと、木村文乃も絡めた恋愛サイドストーリーもうまく練られていて無難なエンタテインメントに仕上がる。

同じ松竹比較で少なくも『パラレル』よりウケそう。
c0092710_16332912.jpg

by hatcho_bori | 2019-06-11 06:19 | 映画 | Trackback | Comments(0)

パラレルワールド・ラブストーリー...★2

二本ハシゴで丸の内ピカデリー。期待の松竹配給作品だけどアレだなあ、同じ原作者・去年公開の「冷たい熱帯魚」と同じくちょっとストーリーが薄っぺらい感じ。

「熱帯魚」は篠原涼子の熱演が光ったが本作はキャストも地味目で尻つぼみの展開。救いは宇多田ヒカルのエンディングテーマ?
c0092710_18442282.jpg

by hatcho_bori | 2019-06-03 08:51 | 映画 | Trackback | Comments(0)

SHAZAM! (シャザム!)...★2

令和初鑑賞は丸の内ピカデリーにて。

予告編はチャラい感じだったが内容はちょっとダーク&シリアスな感じで意外と大人も...と思ったのは前半だけだったな〜。中途半端・どっちつかず。
c0092710_07514518.jpg

by hatcho_bori | 2019-05-07 08:02 | 映画 | Trackback | Comments(0)

九月の恋と出会うまで...★2

シネマ歌舞伎の後、つなぎで寄った有楽町マリオン、いつになく混んでるな〜と思ったらジャニーズムービー『少年たち』のお客さんであった。松竹配給、ヒットすると助かるネ。

私が観たのはコチラ↓で時空を超えて繋がっちゃうモノ、軽いSFラブストーリー。繋がるまでが長いです...。
c0092710_21031586.jpg

by hatcho_bori | 2019-03-31 21:07 | 映画 | Trackback | Comments(0)

THE MULE (運び屋)...★4

久々の江戸、久々の映画なんだけど風邪をひいたようで調子悪し。続き↓
c0092710_07400280.jpg


More
by hatcho_bori | 2019-03-22 14:51 | 映画 | Trackback | Comments(0)

CREEDⅡ (クリード 炎の宿敵)...★3

ようやく今年一本目...。一月は歌舞伎を昼夜六公演見物しないといけない(いけないって事はないのだけれど)ので、なかなか映画館に行く時間を作れず。

クリードは一作目が良かったので期待していた。続き↓
c0092710_16292301.jpg


More
by hatcho_bori | 2019-01-20 16:45 | 映画 | Trackback | Comments(0)

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話...★2

筋ジストロフィーで生活介助を必要とし症状が進行して人工呼吸器が必要な状態にまでなりながらボランティアの助けを借りつつ自宅で生活することに拘った実話。

献身的なボランティアたちには「何様のつもり」で指示、夜中の二時過ぎに食べたくなったバナナを買いには知らせることからついたこのタイトル。

明日をも知れぬ身でありながら底抜けに明るく・態度もでかい鹿野氏役を大泉洋が熱演、と言いたいところだが、鹿野氏にはきっとあったはずの葛藤が見えなくて段々白けてきちゃったかな。こう言う感じの日本映画は食傷気味。

今年の映画はこれで〆で計101本。テアトル、武蔵野館系に行かなくなって文芸作品が減少。武蔵野興業も安くなってるからそろそろ買い戻ししようかなあ?
c0092710_16432791.jpg

by hatcho_bori | 2018-12-29 16:43 | 映画 | Trackback | Comments(0)

遊星からの物体X...★4

松竹の懐かしムービー、リバイバルシリーズ。『爆音映画祭』と銘打ちBTTFとかやっている。

これは特に『爆音』じゃないみたいだけどね。何度か鑑賞している筈がとっても新鮮なクリーチャーとの遭遇。

松竹さん、こういう企画続けて欲しい(つまらん新作よりも?)。
c0092710_15284284.jpg

by hatcho_bori | 2018-10-21 15:51 | 映画 | Trackback | Comments(0)

(2回目鑑賞)万引き家族...★4

奥さんと二回目。樹木希林さんの追悼番組を観てどうしてもシアターでもう一回観ておきたかったのでピカデリーでやってて良かった。

やっぱり子供二人の演技が非常に切なく、また安藤サクラさんがとっても良かった。何とも名状し難いラストで長く余韻が残る。
c0092710_16093234.jpg

by hatcho_bori | 2018-10-08 16:19 | 映画 | Trackback | Comments(0)