タグ:映画・2018 ( 88 ) タグの人気記事

VENOM (ヴェノム)...★3

錦糸町で。

吹き替えは獅童丈がやったと聞きそっちにも興味あったが字幕で。途中までは割とスリリングで良い感じ。ただ、「残虐」でも無いし「邪悪」でもなく、勿論全く怖くなくただひたすらにコミカル。

主人公とヴェノムの掛け合いが面白い。伊勢海老の踊り食い?もね。
c0092710_09105464.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2018-11-15 09:22 | 映画 | Trackback | Comments(0)

スマホを落としただけなのに...★3

二段落ち、三段落ちがあって興味は引っ張られるけど決して怖くはないな...。

終盤に回収ありまっせ!と大音量で叫びつつばらまかれる伏線に意外と心地よく乗せられてしまうのは北川景子の顔芸とも言うべき熱演があってこそ。

高橋メアリージュンの存在感。こんなOLいませんよ....に加え、トドメのラストは唖然の展開、ここまでひっくり返します?殺されかけても彼氏に自分で言うってアンタ...

え?しかもそう言われてそう来るとか突っ込みどころがありすぎて鑑賞後の評論トークには事欠かないデート好適ムービー。
c0092710_23574565.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2018-11-09 23:59 | 映画 | Trackback | Comments(0)

FAHRENHEIT 11/9 (華氏119)...★3

タイミング良く観てしまった(と言うかタイミング狙っての公開なんだろうけど)。

華氏911から119へ。オープニングのアニメは911から始まったアメリカの暴走がトランプ大統領を生み出す「民意」を形成してしまったのではと言うメタファーかな。

関係ないけどムーアおじさん老いた?と思って後で調べたら還暦過ぎてたか。ボウリングは2002年公開もう16年前か...。考えてみればこの人の作品、シアターで観たの初めてだ。

閑話休題でそのオープニング後、2016年選挙・当選のシーン。得意の演出、葬送曲なんだけど実際葬送曲がピッタリの今のトランプ氏からは考えられない暗さ。受かると思ってなくてスピーチ用意してなかったんだって(笑)。本当か?

トランプ大統領誕生の裏に民主のポカありと一くさりやった後は延々と「病んだアメリカ」描写でトランプからはちょっと乖離しラストはヒトラーとオーバーラップさせるコテコテのプロパガンダにやや食傷したがこれがこの人の持ち芸だから。

右も左もエクストリームはイカンということでしょう。中間選挙、良い結果だったのでは?
c0092710_20001192.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2018-11-08 20:11 | 映画 | Trackback | Comments(0)

SEARCHING (search/サーチ)...★3

楽天地の優待は日本橋で使い切る。

全てはSNS、と言うかPC画面の中で完結の趣向で「新感覚」って言うけど何かこう言う設定の映画あったよな?思い出せないんだけど...

お父さんと密に連絡とってた娘が突然疾走。検索検索で探しまくる父。FB、ツイッターは勿論、何とかキャストとかSNS全般に詳しくないとこうは行かない、凄いぞお父さん。

なぜ突然消えた?当然のように犯罪の匂いも漂いつつお約束の二段・三段落ちで畳み掛けて来てテンポは悪くない。ネタバレせず行きましょー。
c0092710_22462423.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2018-10-27 22:57 | 映画 | Trackback | Comments(0)

(2回目鑑賞) シネマ歌舞伎 法界坊

金曜、10500も切ってきたんだけどHIT価格までは行かず。いつ反転してもおかしくないけどねえ..な銘柄が9601松竹以外にも沢山あるから。

さて、本拠東劇↓は来年1月の新シネマ歌舞伎、玉様看板に掛け替え。どっちも去年の12月歌舞伎で見物してるけど寝る寸前だったから魅力の程は?

で本日は上映期間延長の法界坊を二回目観賞。勘三郎さんの演技、やっぱり面白・格好いい。シネマ歌舞伎は二回鑑賞しているタイトル多いがこれも松竹の優待があればこそ。松竹株から入った歌舞伎の世界。まだ従いていくかな。
c0092710_20594674.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2018-10-27 22:44 | 歌舞伎 | Trackback | Comments(0)

億男...★2

主演俳優ファンの奥さんと一緒に錦糸町。楽天地ビルの方、リニューアルオープンは11/16だって。これで使い勝手は良くなるね。

↓映画は予告編見てちょっと楽しみにしてたんだけど宝くじで3億を当てた佐藤健に「お金の価値」を教える周囲の人々が語るマネー論が薄っぺらすぎてドッチラケ。

佐藤健・高橋一生は大学落研の設定で高橋一生が「芝浜」をやるシーンが何回か出て来るが、佐藤健の3億を一生が「持ち逃げ」した後のオチは「芝浜」にひっかけたもの。なんだけど芝浜知らない人はフーンで終わりか。私は三月歌舞伎の演目で見物してたのであーあれね、と思ったけど。やや期待外れ。
c0092710_07093117.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2018-10-27 07:23 | 映画 | Trackback | Comments(0)

遊星からの物体X...★4

松竹の懐かしムービー、リバイバルシリーズ。『爆音映画祭』と銘打ちBTTFとかやっている。

これは特に『爆音』じゃないみたいだけどね。何度か鑑賞している筈がとっても新鮮なクリーチャーとの遭遇。

松竹さん、こういう企画続けて欲しい(つまらん新作よりも?)。
c0092710_15284284.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2018-10-21 15:51 | 映画 | Trackback | Comments(0)

(2回目鑑賞)あん

109木場でリバイバル上映してたので奥さんと。2015年6月に観てたので二回目。

どら焼き屋「どら春」を一人で切り盛りする主人(永瀬正敏)の元を訪ね、アルバイトに申し込みたいと言って来た老女(樹木希林)。

老女が入魂で仕込むあんは主人がそれまで使っていた業務用とは全く異なる美味、たちまち町で人気となるが好調は長くは続くことなく、客足は途絶える。

老女のハンセン病歴が話のベースにあり、差別は当然大きなテーマになってはいる。が、小豆に感謝し、生きるもの全てを愛でる老女が、あんづくりの楽しさを通して、生きる目的を見失い迷い続けるどら春店長に仕事・人生の素晴らしさを説き語る姿が胸を打つ。

少女の頃にハンセン病施設に入所して以来ずっと出ることを許されなかった老女だからこそ見えるものがあるのではないか。自由に暮らせている人なんかよりずっと。

最後はどら春店長と一緒に老女の言葉に耳を傾け嗚咽。良い・染みる映画。
c0092710_17392034.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2018-10-16 18:00 | 映画 | Trackback | Comments(0)

シネマ歌舞伎 法界坊...★4

本日は松竹の決算発表。14:00発表、一瞬で12500まで下げる。終値12630。12000台は一年半ぶり。本日は買わなかった(買えなかった)。決算内容確認してから買いたかったので。

会社予想50億の経常利益で21億まで来た。前回1Qから16億積んでいるので、3-4Qを同じペースで行けば通期では達成できるペース。映像関連は減収減益、ただ1Qは赤字だったので当四半期は4.4億の黒字確保で下げ止まった感?ただ「空飛ぶタイヤ」「家族はつらいよ」と言うこの会社にしてはヒット作があってこの程度と言えなくもない。演劇部門は増収増益で歌舞伎でもってる感じだなこりゃ。不動産は安定、「その他」は良く分からん。

結論から言うと、どネガティブとは言えないまでも積極的に買い上がるような材料は無く、120-140のボックス相場を予想。

・・・・と、長くなっちゃったけど株価の方はそんな感じで、昨日はシネマ歌舞伎、法界坊。

女好き・金好きの破戒僧=勘三郎丈は超当たり役、と言うかこんなの勘三郎さんでないと出来ないや。芝翫も勘九郎(勘太郎)も客もイジり放題、舞台は全て勘三郎さんの支配下に。

大笑いの後、大詰めは打って変わっての立ち回り舞踊で変化を魅せ、平成中村座らしい演出も。来月の中村座がますます楽しみに(中村座の仮設小屋の中を改めて本作品で見て、自身の選択間違いを認識。今更遅いけど)。

シネマ歌舞伎は初日の次の日から優待が使えるので今回同様日曜日に行くパターンが多いのだけれど、今回の法界坊は去年の6月から観初めてで最多の入りかと。やっぱり勘三郎さん人気。
c0092710_16020062.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2018-10-15 16:42 | 映画 | Trackback | Comments(0)

(2回目鑑賞)万引き家族...★4

奥さんと二回目。樹木希林さんの追悼番組を観てどうしてもシアターでもう一回観ておきたかったのでピカデリーでやってて良かった。

やっぱり子供二人の演技が非常に切なく、また安藤サクラさんがとっても良かった。何とも名状し難いラストで長く余韻が残る。
c0092710_16093234.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2018-10-08 16:19 | 映画 | Trackback | Comments(0)