タグ:映画・2018 ( 70 ) タグの人気記事

THE MEG (MEG ザ・モンスター)...★3

風邪気味から復活、時間空いたので丸の内ピカデリーのこれ。

テアトルも武蔵野興業も売ってしまったのでどうしてもこう言うタイトルばかりになる。SBIだと武蔵野興業は一般信用売り対象外(日計りは出来るが)、テアトルは売り切れ...。権利落ち後に現物で少し買っておくかなあ。

さて、MEGちゃんの方はと言うと、余りにも予想通り過ぎる展開で笑える。そんなリスクテイクしなくても...しないと映画にならないか、のハザードに敢えて飛び込むマッチョマン&隙だらけですぐ食われちゃう人。

時間に余裕あるんだから直ぐにアラート出せばいいのに、海水浴客芋洗のビーチに悠々突っ込む大型シャーク、と。

サメの「出」はちょっと怖いかな。
c0092710_06524934.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2018-09-16 22:01 | 映画 | Trackback | Comments(0)

THE INSULT (判決、ふたつの希望)...★3

一年以上ぶりのシャンテ。TOHOシネマズ日比谷が出来たから日劇同様、ここも無くなるんじゃなかったっけ?・・・相変わらずコアなタイトルを上映してるけど。本日はレバノン映画。

裁判劇で、些細なこと諍いから「絶対に言ってはいけないこと」を怒りに任せて投げつけてしまい、二人の関係はもつれにもつれ、大騒動に発展。

ただ、パレスチナ難民を取り巻く環境や、上記のNGワードも予備知識が無いと「どうしてそこまで?」が腹落ちず流れにノっていけないかも?・・・私はちょっと寝てしまいました。あーあ。

c0092710_08172457.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2018-09-15 08:25 | 映画 | Trackback | Comments(0)

MISSION: IMPOSSIBLE-FALLOUT (ミッション:インポッシブル/フォールアウト)...★4

奥さんと一緒にネット予約が嬉しい109へ。

いつまでやるの?このシリーズ、的なネタ切れ感・マンネリ感は全く無く今回も不死身の疾走を披露してくれるイーサン・ハント。

...決して寝てはいないのだけど若干複雑な設定で、『グレイテスト・ショーマン』で見事な(歌ってないけど)歌姫を演じたレベッカ・ファーガソンとイーサンに同行するCIAエージェント・ウォーカーとか核エンジニアの関係がいまいち掴めなくて??な部分もあったけど細かいことはどうでも良くなってくる。

車・バイク・ボート・飛行機・ヘリコプター〜あらゆる乗り物を縦横無尽にぶん回し、首尾一貫のフルスロットルで2.5時間終了後は夫婦揃ってグッタリの満足感。

このブログで映画鑑賞履歴を記録するようになってからMIシリーズ三本目だけど毎度似たような感想...

人生に限界は無い、あるとすれば自分で作っているだけ、と言うことで中高年的にも?元気が出るね。
c0092710_15191866.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2018-09-02 15:36 | 映画 | Trackback | Comments(0)

WIND RIVER (ウィンド・リバー)...★3

映画の日、二本目何にしよう?と迷ったんだけど優待使えるシアターはどこも混んでいそうで結局一年ぶりの角川シネマ有楽町。

ボーダーライン』のテイラー・シェリダン監督作品ってポスターに書いているけど、あれ?ボーダーラインはドゥニ・ヴィルヌーブ監督だよね?と思って調べたらシェリダンはボーダーラインの脚本担当だった。

本作品はワイオミングの先住民居留地の無法地帯ぶりの実態を暴く作品。レイプされた挙句、雪原で凍死した先住民女性の死因を捜査するFBI女性捜査官と地元ハンター。

半径10kmに家一軒とかでは治安も何もあったものではない。こう言う状況を放置するのか?のメッセージは伝わってくるが、二体目死体は最初のそれとどう結びつくのか分からず。
c0092710_15580877.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2018-09-01 16:25 | 映画 | Trackback | Comments(0)

OCEAN'S 8 (オーシャンズ8)...★3

シリーズものを途中すっ飛ばして観るのはちとツラい。当たり前だけど。前のタイトル観てないと分からないって程ではないが。

そんな訳でサンドラ・ブロックが収監されてた理由とかジョージ・クルーニー(映画では故人?)との関係も分からないのだけどカルティエ150億ジュエリー奪取計画準備が着々と進む...内に寝てもうた。

実行段階で漸く覚醒、手際は大変よろしく痛快感は有り、起きてりゃ良かった。まだまだ続く?
c0092710_15495408.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2018-09-01 15:57 | 映画 | Trackback | Comments(0)

CHURCHILL (チャーチル ノルマンディーの決断)...★4

久しぶりのスバル座。江戸を4月に離れた時、スバル興業株は売っちゃおうかな〜と思ったんだけど優待株と言うよりは割安株・投資の観点でここは持っててもいいかな、と言うことで保有継続。

今日はたまたま行きやすい時間で上映してた「チャーチル」を。アノ「最後までごゆるりと」のアナウンスを聞くとスバルだな、と。

少し前に観たゲイリー・オールドマンがチャーチルを演じたやつに引き続き、のチャーチルもの。

オールドマン演じたチャーチルはイメージ通りの全能感溢れるチャーチルだったけど本作ではDデイ直前の「悩めるチャーチル・人間チャーチル」が描かれる。

自分の決断一つに何万人の若者の命がかかっている。

奥さんも怖いし、怒鳴りつけてた秘書に逆襲されて動揺したりとか人間臭い面をさらけ出す。どっちのチャーチルが実像に近いんだろう。

偉人伝はある意味退屈で、映画としてはこちらのチャーチルの方がよっぽど面白いんだけどね。
c0092710_21413742.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2018-08-31 21:56 | 映画 | Trackback | Comments(0)

シネマ歌舞伎 大江戸りびんぐでっど...★2

これを歌舞伎座でやったことは凄いな、と。古典もあればこんなのもある。

生き返った死人ゾンビを人間の代わりに働かせる人材派遣業「はけんや半助」を起業した半助=染五郎=今の幸四郎。死んでるから文句も言わず・安く働いて派遣業は大儲け!

懐かしMJ・スリラー風ダンスに加えて、しりあがり寿の道具幕の異風景。・・・ってオイ、どこが歌舞伎なんダイ?なんて聞くのは野暮。こう言うのも歌舞伎なの。

ただ話がどうにも面白く無くて盛り上がらない。歌舞伎で死人を演じたら右に出るもの無し?『らくだ』で大活躍の片岡カメゾー丈が本作でも脳味噌はみ出しながら頑張っているのは流石?なんだけど、他の役者さんはちょっと無理ないかい。

再鑑賞はありません。
c0092710_20451644.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2018-08-13 21:03 | 歌舞伎 | Trackback | Comments(0)

カメラを止めるな!...★3

SNSで大盛り上がりだって。全くノーマークだったんだけど慌てて日本橋で予約。¥1,800払って映画観るのっていつ以来?感想(ネタバレ注意)↓
c0092710_17401869.jpg


More
[PR]
by hatcho_bori | 2018-08-07 18:05 | 映画 | Trackback | Comments(0)

JURASSIC WORLD: FALLEN KINGDOM (ジュラシック・ワールド/炎の王国)...★3

前作を観たのがいつかブログの履歴辿ったら2015年9月だった。現代に蘇った恐竜を巡って良い人たち/悪い人たち攻防、の構図は勿論?同じ。

いい加減この恐竜CGも目が慣れてきちゃって新鮮味は全然無いのだけれど、前半の大混乱・後半の死闘に到るまで目先がクルクル変わって恐竜大小各種取り揃え飽きさせない工夫が随所に。

お子様需要依存度高いからか、悪役天誅シーンはじめ残酷シーンは非常〜に控えめでお父さんは安心?だがその点では薄味すぎる気も。
c0092710_20515652.jpg


More
[PR]
by hatcho_bori | 2018-08-06 21:19 | 映画 | Trackback | Comments(0)

パンク侍、斬られて候...★3

一見時代劇の体だが衣装・台詞は盛大に考証・規範から逸脱するも、脚本があのお方なら納得のハチャメチャ喜劇。

冒頭からずっと続くナレーションが絶妙で主人公はじめ登場人物たちのトボけたキャラと合っていてオモロい。実はこのナレーションに凄いオチが終盤待っている。某俳優の特殊メイク出演と共に注目。

浅野忠信教祖が率いる敵方カルト宗教団が敵役になるんだけど、ポスター左上の緑羽織=浅野忠信教祖がスベり気味、侍辞めて途中入信の染谷将太のテンションと北川景子美貌の影でやや不発気味だったような気はするが、まずまず楽しめる映画。

そう言えば来月の月一シネマ歌舞伎は同じ方が演出した『大江戸りびんぐでっど』。
c0092710_07131045.jpg

[PR]
by hatcho_bori | 2018-07-16 19:42 | 映画 | Trackback | Comments(0)