人気ブログランキング |

タグ:有楽町スバル座 ( 45 ) タグの人気記事

轢き逃げ 最高の最悪な日...★2

今年10月でクローズ決定のスバル座。半期優待6回分で終わり。何となく売りそびれて継続保有中。優待はショボくなるけどまだまだ「割安」だしとか初期の目的と違うことを言いだすとロクなことないと分かっているのでそろそろ売るか。

で、本日は水谷豊脚本・監督のこれ。感想↓
c0092710_08103122.jpg


More
by hatcho_bori | 2019-05-19 21:20 | 映画 | Trackback | Comments(0)

あまのがわ...★2

まだホルダーのスバル。評価損益72%だがPBR0.71倍、PER7.77倍のほったらかし価格。上映タイトル余り魅力無いが売るともう買い戻しできなくなりそうで...

昨日は「あまのがわ」。屋久島・種子島が舞台で旅行したのもう10年以上前かあ...の懐かしや・ほのぼの、と。AIドローンと見せかけて実はリモコン通話ロボットはお母さん=杉本彩の取り違え前、青年はどう使うつもりだったんだろう?
c0092710_08522898.jpg

by hatcho_bori | 2019-02-18 08:59 | 映画 | Trackback | Comments(0)

輪違屋糸里 京女たちの幕末...★2

幕末、新撰組の男たちと島原遊女・太夫の刹那的恋模様...なのかなあ?一言で言うと。

太夫と言えば片手に収まる絶世の美女設定の筈でだが少なくとも妖艶、と言う感じじゃないねとか志士たちもちょっと線が細いかなとか思いつつ観てたら入って行けず流してしまった。
c0092710_07250641.jpg

by hatcho_bori | 2018-12-23 07:26 | 映画 | Trackback | Comments(0)

えちてつ物語...★2

久々の巡回。スバル座ならではのタイトルでどう興業的に成り立ってるのか?なお話で一部俳優除き全員素人みたいな感じ。笹野高史まであんないい社長になっちゃって。
c0092710_21072068.jpg

by hatcho_bori | 2018-12-01 21:12 | 映画 | Trackback | Comments(0)

教誨師(きょうかいし)...★4

大杉漣さんの遺作となったこれ↓を観にスバル座へ。

公開二日目と言うこともあるのだろうけどスバル座でゲート前の行列初めて見たよ。

死刑囚六人の言いたい放題にひたすら耳を傾ける牧師役=大杉漣。彼らが死刑囚になった理由はそれぞれだが牧師ご本人にも消せない過去があった。

障害者の大量殺人犯と暴力団幹部の二名はキャラが立ってて、死刑是非まで畳み掛けるような感じでこの二人のシーンは前のめった。

一方で他の四人は少し弱くて特に古舘寛治氏はアノ存在感なので工夫の余地が、とか偉そうに思ってしまったけど全体には見応えあり・満足。
c0092710_07581998.jpg

by hatcho_bori | 2018-10-08 08:16 | 映画 | Trackback | Comments(0)

きらきら眼鏡...★3

昨日は一日なので松竹&歌舞伎座のW優待予約日。松竹も今回は歌舞伎の割当。

珍しく?どっちも席の確保に苦労。10:00-の松竹は希望日・希望の席が無くて行ったり来たりする内、第三希望位のポジションに。12:00-の歌舞伎座は最初にチョイスした席をタッチの差でとられちゃってこちらは第二希望。あーあ。流石に毎度うまくはいかないか。

映画はスバル座。この映画館の雰囲気が好き。最後に「ありがとうございました」を二回アナウンス。

北習志野駅の駅員さん(新人・金井浩人)はひょんな事から、あかね(池脇千鶴)と出会い何と無くいい感じに。

ただ、あかねは訳アリな感じで距離感がなかなか縮まらないと思ったらあかねには末期癌の恋人が。駅員・金井には高校時代に恋人を事故で失うと言う辛い過去が。

それぞれの辛い事情を抱えながら人生とどう向き合っていくか、と言うことでポスターのコピー「自分の人生を愛せないと嘆くなら」に繋がる。

重い話だが、爽やかな二人の演技でそこまで重くはならない仕上がり。池脇千鶴さん、意外やベテランなのね。
c0092710_20292640.jpg

by hatcho_bori | 2018-10-02 20:44 | 映画 | Trackback | Comments(0)

CHURCHILL (チャーチル ノルマンディーの決断)...★4

久しぶりのスバル座。江戸を4月に離れた時、スバル興業株は売っちゃおうかな〜と思ったんだけど優待株と言うよりは割安株・投資の観点でここは持っててもいいかな、と言うことで保有継続。

今日はたまたま行きやすい時間で上映してた「チャーチル」を。アノ「最後までごゆるりと」のアナウンスを聞くとスバルだな、と。

少し前に観たゲイリー・オールドマンがチャーチルを演じたやつに引き続き、のチャーチルもの。

オールドマン演じたチャーチルはイメージ通りの全能感溢れるチャーチルだったけど本作ではDデイ直前の「悩めるチャーチル・人間チャーチル」が描かれる。

自分の決断一つに何万人の若者の命がかかっている。

奥さんも怖いし、怒鳴りつけてた秘書に逆襲されて動揺したりとか人間臭い面をさらけ出す。どっちのチャーチルが実像に近いんだろう。

偉人伝はある意味退屈で、映画としてはこちらのチャーチルの方がよっぽど面白いんだけどね。
c0092710_21413742.jpg

by hatcho_bori | 2018-08-31 21:56 | 映画 | Trackback | Comments(0)

海を駆ける...★2

配給・テアトルだけどスバル座で。スバル座は3・4月分の優待は結局使わずじまいで連続出場記録が途切れた。このタイトルは確か半年?位前からサイトに告知されていて、力入ってるなと思った記憶。感想↓
c0092710_08400677.jpg


More
by hatcho_bori | 2018-05-28 08:48 | 映画 | Trackback | Comments(0)

ndjc:若手映画作家育成プロジェクト2017 ...★2

今日でもう2月終わりか〜...と言うことでスバル座優待ギリ消化。いつもはシニア向けラインナップばっかのスバル座だが珍しく?若手監督育成プロジェクトで30分前後×5のオムニバス連作。出来はどれもウ〜ムな感じで『化け物と女』がシュールでちょっと面白かったかな?な程度。まあ元々この会社の映画事業はフィランスロピーみたいなもんだしね。
c0092710_22452245.jpg

by hatcho_bori | 2018-02-28 22:49 | 映画 | Trackback | Comments(0)

ミッドナイト・バス ...★3

HT渋谷の次、ハシゴで有楽町スバル座。封切り週末で程よい混み具合。いつものことながら今時自由席のユルさが良い。感想↓
c0092710_21392418.jpg


More
by hatcho_bori | 2018-01-28 22:06 | 映画 | Trackback | Comments(0)